ホーム > 予算編成過程公表トップ > 令和3年度当初予算通常 > 一般会計  > 地場・伝統工芸品産業振興対策事業費

令和3年度当初予算(経常的経費) 地場・伝統工芸品産業振興対策事業費

管理事業名 :製造業振興事業 予算要求課 ものづくり支援課
事業名 :地場・伝統工芸品産業振興対策事業費(20040768) 予算計上課 中小企業支援室
款名・項名・目名 :商工労働費 商工業費 商工業振興費
(単位 千円)

事業概要                                                

目的                                                   内容                                                  
  大阪府内の地場産品や伝統工芸品をはじめとする優れ                            1 工芸振興対策事業                                         
 た府内産消費財の認証、販路支援等を図るために必要な                            【事業内容】                                             
 支援を行う。                                                ・大阪府伝統工芸品指定                                       
開始終了年度                                                  「大阪府伝統工芸品の指定に関する要綱」に基づき                          
 昭和60年度〜                                                「大阪の伝統工芸品」を指定                                    
  ・大阪府伝統工芸士認定                                       
   「大阪の伝統工芸品」の製造に直接従事する者を対                          
   象として試験を実施し合格者を認定                                 
  ・「大阪の伝統工芸品」(啓発リーフレット)の作成                          
 【実績】                                               
  ・大阪府伝統工芸品指定                                       
   大阪府知事指定伝統工芸品 合計21品目(令和元                          
 年度時点)                                              
   令和 元年度 0件                                        
   令和 2年度 3件予定                                      
   令和 3年度 3件予定                                      
  ・大阪府伝統工芸士認定                                       
   合計118名(令和元年度時点)                                  
   令和 元年度 1名                                        
   令和 2年度 1名予定                                      
   令和 3年度 5名予定                                      

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初 206 0 0 0 206
要求額 201 0 0 0 201
査定額 201 0 0 0 201

要求額の内訳

査定額の内訳

1 工芸振興対策事業                    201千円 要求どおり                         201千円
 (1) 工芸振興事業費                  201千円                               201千円

明細 工芸振興対策事業 工芸振興事業費(20040768-00020005)



ここまで本文です。