令和3年度当初予算(経常的経費) 河川維持費

管理事業名 :河川砂防事業 予算要求課 河川室
事業名 :河川維持費(19961191) 予算計上課 河川室
款名・項名・目名 :都市整備費 河川費 河川砂防費
(単位 千円)

事業概要                                                

目的                                                   内容                                                  
  河川の治水機能及び河川環境の保全を行う。                                1.河川施設の維持                                          
  箕面川ダム及び狭山池ダムの治水機能・周辺環境の保                             【事業内容】水門、排水機場、鉄扉、堤防等の維持                           
 全を行う。                                                  ・河川施設の維持                                         
根拠法令                                                    ・西三荘抽水所維持操作負担金(大阪市へ負担)                           
 河川法第15条の2、第99条                                           負担割合=調節池予定排水量/総排水量                             
   ・高見排水機場管理負担金(水資源機構へ負担)                           
     負担割合=府2.2%(管理協定に規定)                            
   ・毛馬、大間排水機場(近畿地方整備局より受託)                          
   ・旧猪名川排水機場(兵庫県より受託)                               
   ・箕面川ダムの維持管理                                      
   ・狭山池ダムの維持管理                                      
 【債務負担】                                             
  《限度額》391,600千円                                    
  《期 間》令和3年度〜令和4年度                                  
  《目 的》出水期を避けて施工しなければならない                           
       ため。                                          
                                                    
 【活動指標】                                             
   R 1年度:点検施設数192施設、更新数 6箇所                         
   R 2年度:点検施設数192施設、更新数 5箇所                         
   R 3年度:点検施設数192施設、更新数 5箇所                         
 【成果指標】                                             
   河川の治水機能及び河川環境の保全                                 
 【事業終期】                                             
   府民の安全・安心を守る河川管理施設は、防災施設                          
  として常に確実な機能を発揮させなければならず、継                          
  続して維持管理していく必要がある。                                 
債務負担行為                                              
 ・事項                                                
  令和3年度河川維持事業                                       
 ・期間                                                
  令和 3年度〜令和 4年度                                     
 ・限度額(限度額文言)                                        
  391,600千円                                         

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初 1,816,459 0 0 1,281,433 535,026
要求額 1,816,111 0 0 1,277,538 538,573
査定額 1,816,111 0 0 1,277,538 538,573

特定財源の積算根拠

項目

当初要求

査定額

都市整備使用料 河川使用料 河川砂防事業使用料 1,150,932 1,150,932
都市整備受託事業収入 河川受託事業収入 河川砂防事業受託金 126,553 126,553
みどりの基金繰入金 みどりの基金繰入金 河川砂防事業基金繰入金 53 53

要求額の内訳

査定額の内訳

1 河川維持費(単独)                   1,816,111千円 要求どおり                         1,816,111千円
 (1) 河川施設の維持(維持)              1,611,683千円                               1,611,683千円
 (2) 河川維持費(単独)                126,553千円                               126,553千円
 (3) 箕面川ダムの維持管理(維持)           23,907千円                               23,907千円
 (4) 狭山池ダムの維持管理(維持)           53,968千円                               53,968千円

明細 河川維持費(単独) 河川施設の維持(維持)(19961191-00010003)

明細 河川維持費(単独) 河川維持費(単独)(19961191-00010013)

明細 河川維持費(単独) 箕面川ダムの維持管理(維持)(19961191-00010021)

明細 河川維持費(単独) 狭山池ダムの維持管理(維持)(19961191-00010022)

備考
債務負担行為有り


ここまで本文です。