令和2年度補正(17号) 里親委託推進事業費

管理事業名 :児童福祉事業 予算要求課 子ども室
事業名 :里親委託推進事業費(20082682) 予算計上課 子ども室
款名・項名・目名 :福祉費 児童福祉費 児童福祉推進費
(単位 千円)

事業概要                                                

目的                                                   内容                                                  
  家庭での生活を通じて愛着形成を図ることができる里                            1 里親委託推進を図るため、里親希望者に対する認定                          
 親制度の普及を図り、里親委託の促進及び里親の資質向                            前研修等の里親認定のための研修を実施する。また、児                          
 上のための施策等により、被虐待児等の要保護児童の支                            童を受託している里親を支援するため、里親子相談及び                          
 援を図る。                                                訪問事業並びに里親相互交流事業を実施する。                              
                                                       施設で入所している児童に対し、家庭生活を体験週末                          
 【成果目標】                                               里親事業を実施し、ボランティア里親の登録を拡大する                          
  里親委託率 28%(平成41年度)                                   。                                                  
  「大阪府第二次社会的養護体制整備計画」目標数値                             (活動指標)研修実施回数                                       
         ※平成29年度実績11,3%                                 平成30年度 40回                                       
  自己評価:各活動は安定して継続されており、目標達                              平成31年度 40回                                       
  成に寄与。大阪府の里親等委託率はH21年度3,4%、                            令和2年度  40回                                       
  H26年度7,3%、H30年度11,6%と着実に増加傾向に                        里親希望者数の増加に伴い研修の回数と内容の充実を                          
  ある。                                                  図ることにより、里親の安定した養育環境の促進に寄                          
開始終了年度                                                 与している。                                            
 平成20年度〜                                               ・里親支援機関設置・運営事業                                    
根拠法令                                                   ・週末里親事業 等                                         
 児童福祉法                                                2 委託を受けた里親が、受託児童の損害等による監督                          
  責任者として損害賠償請求を受けた際の補償を行う事                          
  業。                                                
 (活動指標)里親賠償保険対象里親数(2月1日時点)                          
   平成30年 87人                                        
   平成31年 93人                                        
   令和2年 100人                                        
  さまざまな背景を抱える子どもが里親委託されている                          
  ことから、里親子が安心して生活できる里親賠償保険                          
  の加入は里親委託率向上に寄与する。                                 
 3 家庭養護の推進のため、里親を開拓から支援まで、                          
  養子里親及びはぐくみホームのそれぞれに特化した専                          
  門性を発揮し、一貫して支援をすることのできる里親                          
  支援機関を設置する。                                        
  (はぐくみホーム支援機関事業:平成27年度〜                            
   養子縁組里親支援機関事業: 平成28年度〜)                           
 (活動指標)                                             
   はぐくみホーム新規登録家庭数                                   
    平成30年度 26家庭                                     
    平成31年度 26家庭                                     
    令和2年度 26家庭                                      
   養子縁組里親新規登録家庭数                                    
    平成30年度 15家庭                                     
    平成31年度 15家庭                                     
    令和2年度 15家庭                                      
 (国庫補助負担割合)                                         
   はぐくみホーム支援機関事業  1/2                               
   養子縁組里親支援機関事業   1/2                               
 4 新規の里親登録数の実績に応じB型フォスタリング                          
  機関に府が委託料を支払うことで、B型フォスタリン                          
  グ機関へのインセンティブを与え里親確保の取組みを                          
  推進する。                                             
 (活動指標)                                             
  B型フォスタリング機関設置数                                    
   令和2年度 29か所                                       
 5 児童と里親の交流や関係調整を十分に行った上で里                          
  親委託を行えるよう、この間の一般生活費や施設等へ                          
  訪問するための費用を補助することで、安定した里親                          
  委託の推進を図る。                                         
 (活動指標)新規里親委託数                                      
   令和2年度 78人                                        
 6 乳児の安全確保のため体動モニターを購入し、乳児                          
  を委託した里親に貸し出す。                                     
                                                    
 【補正理由】                                             
 令和2年度国庫補助基準額の変更のため、所要額を減額                          
 補正する。                                              

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

現計予算額 225,418 101,610 0 0 123,808
補正額 ▲36,495 ▲18,247 0 0 ▲18,248
査定額 ▲36,495 ▲18,247 0 0 ▲18,248

要求額の内訳

査定額の内訳

1 里親委託推進・支援等事業                ▲36,495 千円 要求どおり                         ▲36,495 千円
 (1) はぐくみホーム支援機関事業            ▲36,495 千円                               ▲36,495 千円

明細 里親委託推進・支援等事業 はぐくみホーム支援機関事業(20082682-00130039)



ここまで本文です。