令和2年度補正(17号) 漁港整備保全費

管理事業名 :漁港事業 予算要求課 水産課
事業名 :漁港整備保全費(19962687) 予算計上課 水産課
款名・項名・目名 :環境農林水産費 水産業費 漁港費
(単位 千円)

事業概要                                                

目的                                                   内容                                                  
  漁港施設や海岸保全施設の機能保全や防護等の対策を                            1.国庫補助事業                                           
 適切に講じることで、水産物の安定供給並びに、安全な                             【目的】漁港・海岸施設の補修や整備を行うことで、                          
 漁港づくりや府民の生命、財産の保護を図る。                                     その機能を適切に保持、強化する。                              
根拠法令                                                  (1)漁港事業                                            
 漁港漁場整備法                                                水産物供給基盤機能保全事業                                    
 海岸法                                                   【事業内容】護岸補修工事等                                     
  【事業箇所】佐野漁港、淡輪漁港等                                  
  【補正理由】淡輪漁港における工法見直しによる                            
        工事費の変更                                      
                                                    
 2.単独事業                                             
 (1)建物収去強制執行事業                                      
  【事業内容】裁判の和解条項の不履行に基づく                             
        建物収去の強制執行                                   
  【事業箇所】田尻漁港                                        
  【補正理由】事務事業見直しによる減、及び土地の                           
  明渡し完了による所要見込の減                       

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

現計予算額 360,197 130,100 141,000 14,299 74,798
補正額 ▲18,273 ▲1,987 ▲2,000 ▲14,299 13
査定額 ▲18,273 ▲1,987 ▲2,000 ▲14,299 13

要求額の内訳

査定額の内訳

1 国庫補助事業                      ▲3,974 千円 要求どおり                         ▲3,974 千円
 (1) 漁港事業                     ▲3,974 千円                               ▲3,974 千円
2 単独事業                        ▲14,299 千円 要求どおり                         ▲14,299 千円
 (1) 建物収去強制執行事業               ▲14,299 千円                               ▲14,299 千円

明細 国庫補助事業 漁港事業(19962687-00010047)

明細 単独事業 建物収去強制執行事業(19962687-00020237)



ここまで本文です。