令和2年度当初予算(政策的経費) 環境常時監視費<政策的経費>

管理事業名 :環境監視事業 予算要求課 環境管理室
事業名 :環境常時監視費<政策的経費>(20170338) 予算計上課 環境管理室
款名・項名・目名 :環境農林水産費 環境保全費 環境保全対策費
(単位 千円)

事業概要                                                

目的                                                   内容                                                  
  環境基準の適否を評価・公表し、府民にPM2.5濃度                           1 大気汚染自動測定機整備事業費                                   
 上昇時の注意喚起や光化学スモッグ注意報の発令等を適                            【事業内容】                                             
 切に行うため、大気汚染状況を連続的に監視できる大気                             府設置の測定局(25局)等に保有する大気汚染自動                          
 汚染自動測定機を整備するとともに、測定機より得られ                            測定機等(109台)について、耐用年数が経過し、老                          
 たデータを用いた府民向けの講座等を実施し、府の環境                            朽化したものを更新する。                                       
 への理解促進、危機意識の向上(PM2.5注意喚起等発令                          【活動指標】                                             
 への関心、防災情報メールの登録等)等に繋がる契機と                              H30実績 浮遊粒子状物質計 1台                                
 する。                                                        炭化水素計    1台                                
根拠法令                                                        窒素酸化物計   3台                                
 大気汚染防止法                                                     オキシダント計  2台                                 
 大阪府環境基本条例                                              H31見込 浮遊粒子状物質計 6台                                
 大阪府生活環境の保全等に関する条例                                           炭化水素計    1台                                 
        窒素酸化物計   3台                                 
        微小粒子状物質計 9台                                 
        微小粒子状物質採取装置 2台                              
   R2見込  浮遊粒子状物質計 2台                                
        炭化水素計    1台                                 
        窒素酸化物計   2台                                 
        微小粒子状物質計 2台                                 
                                                    
 2 環境データ「見る」「知る」「活かす」推進事業費                          
 【事業内容】                                             
  ・ハルカス大学連携講座                                       
  ・デジタルサイネージを用いた季節に応じた注意喚起                          
 【活動指標】                                             
  ・講座内容(予定)                                         
   府の環境総論/温暖化/海洋プラスチック                              
  ・講座回数                                             
   年3回                                              
  ・デジタルサイネージ内容(予定)                                  
   夏季:光化学スモッグに係る注意喚起等                               
   冬季:PM2.5、海洋プラスチック問題に係る啓発等                        
  ・デジタルサイネージ回数                                      
   年2回                                              

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初 34,490 0 0 0 34,490
要求額 15,128 0 0 1,395 13,733
査定額 14,193 0 0 460 13,733

要求額の内訳

査定額の内訳

1 大気汚染自動測定機整備事業費              13,733千円 要求どおり                         13,733千円
 (1) 大気汚染自動測定機整備事業費           13,733千円                               13,733千円
2 環境データ「見る」「知る」「活かす」         
  推進事業費                      
1,395千円                              
                             
460千円
  〇広報は既存の手法を活用すること             
 (1) 環境データ「見る」「知る」「活か        
    す」推進事業費        
1,395千円                              
                             
460千円

明細 大気汚染自動測定機整備事業費 大気汚染自動測定機整備事業費(20170338-00020002)

明細 環境データ「見る」「知る」「活かす」推進事業費 環境データ「見る」「知る」「活かす」推進事業費(20170338-00510119)



ここまで本文です。