令和2年度当初予算(課長後調整要求) 外国人医療体制整備事業費

管理事業名 :地域医療事業 予算要求課 保健医療企画課
事業名 :外国人医療体制整備事業費(20190099) 予算計上課 保健医療室
款名・項名・目名 :健康医療費 医薬費 医務費
(単位 千円)

事業概要                                                

目的                                                   内容                                                  
  直近6年で来阪外国人は約4倍の1,142万人に急増し、                         1地域における外国人医療対策協議会設置等事業                             
 平成29年は年間約16,000名の外国人旅行者が府内医療機                        @地域における外国人医療対策協議会設置・運営事業                           
 関を受診している。また、令和元年度は4月より外国人                            <目的>                                               
 材の受け入れ拡大が始まり、在留外国人も増加しており                            行政(医療、消防(救急)、観光、多分化共生等の部局                          
 、来年開催される2020年の東京オリンピック、IR・万博                         )や多分野の関係団体からなる会議等を運営、開催し、                          
 誘致を契機にインバウンドは、更なる増加することが予                            情報共有や意見交換を通じて連携の強化を図るとともに                          
 想される。そのため、外国人医療体制整備が急務である                            外国人受入れ体制における課題の整理及び課題に対する                          
 。これらの現状を踏まえ、外国人医療対策会議の設置や                            対応方針を検討する。                                         
 多言語医療通訳コールセンターの設置、トラブル相談窓                            B拠点・地域拠点医療機関連絡調整会議設置・運営事業                          
 口の設置等を行う。                                            <目的>                                               
 外国人患者受入れの拠点となる医療機関が一堂に会し、                          
 外国人患者受入れに向けた情報共有や意見交換を行うこ                          
 とで連携強化を図るとともに、現場の医療機関が抱える                          
 課題を抽出、大阪府外国人医療対策会議の基礎資料とす                          
 る。                                                 
 B協議会に伴う外国人患者受入体制在り方調査事業                            
 <目的>                                               
 厚生労働省が実施する全病院対象調査に合わせ、大阪府                          
 独自項目の調査を実施、集計することにより、大阪府独                          
 自の外国人患者の実態把握に努める。                                  
                                                    
 2外国人医療通訳コールセンター設置事業                                
 <目的>                                               
 外国人患者受入の際のトラブルのうち、53%が言語、コ                         
 ミニュケーションの問題としている。そこで、医療機関                          
 、薬局に対し、映像やシステム等を用いた医療機関の外                          
 国人患者受入を支援する。                                       
                                                    
 3トラブル相談窓口設置事業                                      
 <目的>                                               
 外国人患者受入に伴う、コミニュケーション・文化の違                          
 いによるトラブル、医療費未払い、未収金回収の方法と                          
 いった金銭トラブル、法的トラブル、保険会社への請求                          
 方法等の相談も含めたトラブル相談窓口を設置。                             
                                                    
 4外国人患者受入拠点医療機関支援事業                                 
 <目的>                                               
 外国人患者が安心して医療機関を受診できるように、外                          
 国人患者受入れ拠点医療機関・地域拠点医療機関に対し                          
 、医療機関に通訳機能等を備えたタブレット端末等を整                          
 備するための補助を行う。                                       
 【調整要求理由】所要額の減                                      

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初 20,538 16,249 0 0 4,289
要求額 55,679 41,480 0 0 14,199
内示額 55,679 41,480 0 0 14,199
調整要求額(課長後) ▲27,281 ▲27,281 0 0 0
査定額 ▲27,281 ▲27,281 0 0 0

特定財源の積算根拠

項目

当初要求

査定額

健康医療費国庫補助金 医薬費補助金 地域医療事業補助金 ▲27,281 ▲27,281

要求額の内訳

査定額の内訳

1 外国人患者受入拠点医療機関支援事業           ▲27,281 千円 要求どおり                         ▲27,281 千円
 (1) 通訳機能等を備えたタブレット端末        
    等の整備事業        
▲27,281 千円                              
                             
▲27,281 千円

明細 外国人患者受入拠点医療機関支援事業 通訳機能等を備えたタブレット端末等の整備事業(20190099-03300946)



ここまで本文です。