令和2年度当初予算(経常的経費) 少年非行対策事業費

管理事業名 :青少年の健全育成事業 予算要求課 青少年・地域安全室
事業名 :少年非行対策事業費(19962563) 予算計上課 青少年・地域安全室
款名・項名・目名 :総務費 政策企画費 青少年指導費
(単位 千円)

事業概要                                                

目的                                                   内容                                                  
  中学生を中心とした非行集団等を早期に補導し、その                           1 少年非行集団等補導費                                       
 健全な育成を図るため、府警察本部と共同で、民間有志                            【内容】                                               
 を少年補導協助員に委嘱し、補導活動を促進する。                                家庭、学校と連携して面接指導などによるサポート                          
開始終了年度                                                  や支援(補導連絡会運営費、補導活動費を委託)                           
 昭和38年度〜                                              【対象】                                               
根拠法令                                                    中学生を中心とした非行集団、又は非行のおそれの                          
 少年非行集団等補導実施要綱                                         ある少年                                              
 【委託先】                                              
   地区補導連絡会                                          
 【積算根拠】                                             
   ・連絡会運営費 6,300円×58地区                              
   ・協助員補導活動費 12,350円×205人                           
 【活動指標】                                             
   H30実績 対象少年に対する面接回数等 1,176回                      
   R 1見込 対象少年に対する面接回数等 1,000回                       
   R 2目標 対象少年に対する面接回数等 1,000回                       
   ※少年補導協助員                                         
   ・委嘱                                              
     知事及び警察本部長が、各市町村長及び警察署                          
     長からの推薦に基づき委嘱                                   
   ・任期                                              
     2年(再任可)                                        
   ・人数                                              
     205人(58地区)                                     
   ・活動内容                                            
     対象少年に対する個人・集団指導、学警補導連                          
     絡会議の開催                                         
 【成果指標】                                             
   学警補導連絡会議の開催及び中学生を中心とした非                          
  行集団、又は非行のおそれのある少年に対する面接指                          
  導等の活動を通じた非行情勢の改善。                                 
  ○参考値                                              
  刑法犯少年の検挙・補導人員数                                    
  H29 3,138人                                        
  H30 2,804人                                       

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初 3,038 0 0 0 3,038
要求額 3,038 0 0 0 3,038
査定額 3,038 0 0 0 3,038

要求額の内訳

査定額の内訳

1 少年非行集団等補導費                  3,038千円 要求どおり                         3,038千円
 (1) 少年非行集団等補導費               3,038千円                               3,038千円

明細 少年非行集団等補導費 少年非行集団等補導費(19962563-00010001)



ここまで本文です。