ホーム > 予算編成過程公表トップ > 令和元年度当初予算通常(政策的経費) > 一般会計  > いのち輝く未来社会をめざすビジョン推進費

平成31年度当初予算(政策的経費) いのち輝く未来社会をめざすビジョン推進費

管理事業名 :企画調整事業 予算要求課 企画室
事業名 :いのち輝く未来社会をめざすビジョン推進費(20181077) 予算計上課 企画室
款名・項名・目名 :総務費 政策企画費 計画調査費
(単位 千円)

事業概要                                                

目的                                                   内容                                                  
 2025年に大阪がめざす未来社会の姿を掲げた「いのち輝                          <事業内容>                                             
 く未来社会をめざすビジョン」の実現のため、ビジョン                            ビジョンの共有・浸透に加え、専門的な知見・研究結果                          
 の共有・浸透を図るとともに、大学等の研究機関の知見                            の活用、オール大阪の会議体による施策評価等を通じた                          
 の活用や、オール大阪での産学官の会議体での施策評価                            、取組の推進と深化を効果的に行う。また、SDGs先                          
 を通じて、取組の推進と深化を図る。                                    進都市として、SDGsの理念の理解促進、ステークホ                          
 また、大阪府SDGs推進本部のもとで、「いのち輝く                            ルダーの具体的取組の後押しを図るために、次の取組を                          
 未来社会」の理念と合致するSDGsの達成に向けた取                            実施する。                                              
 組を全庁一丸で大阪府が先導し、府民、市町村、民間企                                                                               
 業など様々なステークホルダーの取組を促すことに繋げ                            (1)ビジョンの共有・浸透                                      
 ていく。                                                 ・関係者との連携や、府民一人一人の理解を促進するた                          
開始終了年度                                                め、ビジョンや「10歳若返り」のわかりやすい発信・PR                        
 平成30年度〜平成37年度                                        を行う参加体験型のイベントを開催する。                                
 ・府民へのSDGsの理念の普及・浸透を図るため、国                          
 際課題が議論されるG20サミットの開催に合わせたシン                         
 ポジウム、府民が集う場での発表会等を開催する。また                          
 、ステークホルダーの取組を後押しするためワークショ                          
 ップを開催する。                                           
                                                    
 (2)施策の深化                                           
 ・施策の深化を図るため、有識者や研究機関の参画を得                          
 て「10歳若返り」に向けた実践モデルの構築を行うこと                         
 により、効果的な施策展開につなげる。                                 
 ・オール大阪の産学官の会議体により、施策の評価を行                          
 い各主体による新たな取組みや施策の充実を通じて、更                          
 なる取組みの推進・深化を図る。                                    
 ・ビジョンの充実を図るため、府内の各主体の新たな取                          
 組調査や有識者へのヒアリングを行う。                                 
                                                    
 <活動指標>                                             
 ・オール大阪の産官学の会議体での取組の評価                              
 ・「10歳若返り」の発信イベント開催                                 
 ・府内3地域での実践モデル構築                                    
 ・G20サミットに合わせたシンポジウムの開催                             
                                                    
 <成果指標>                                             
 ・ビジョンに沿った取組の効果的な推進と施策の深化                           
 ・イベントへの来場者数1万人                                     
 ・効果的な取組みの創出                                        
 ・各ステークホルダーの具体的取組                                   
 ・SDGs府民認知度30%以上(2021年度末)                           

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初 8,585 0 0 0 8,585
要求額 25,181 0 0 0 25,181
査定額 25,181 0 0 0 25,181

要求額の内訳

査定額の内訳

1 ビジョン共有・浸透事業費                8,655千円 要求どおり                         8,655千円
 (1) 10歳若返り発信事業費              6,104千円                               6,104千円
 (2) SDGs推進事業費                2,551千円                               2,551千円
2 施策検討費                       16,526千円 要求どおり                         16,526千円
 (1) ワークショップ型勉強会実施費           0千円                               0千円
 (2) 10歳若返り実践モデル事業費           16,144千円                               16,144千円
 (3) ビジョン充実費                  54千円                               54千円
 (4) ビジョン推進のための会議体運営費         328千円                               328千円

明細 ビジョン共有・浸透事業費 10歳若返り発信事業費(20181077-00010001)

明細 ビジョン共有・浸透事業費 SDGs推進事業費(20181077-00010579)

明細 施策検討費 ワークショップ型勉強会実施費(20181077-00020005)

明細 施策検討費 10歳若返り実践モデル事業費(20181077-00020007)

明細 施策検討費 ビジョン充実費(20181077-00020009)

明細 施策検討費 ビジョン推進のための会議体運営費(20181077-00020524)



ここまで本文です。