平成31年度当初予算(最終調整) 農空間整備事業費<政策的経費>

管理事業名 :農空間整備事業 予算要求課 農政室
事業名 :農空間整備事業費<政策的経費>(20110955) 予算計上課 農政室
款名・項名・目名 :環境農林水産費 農地費 土地改良費
(単位 千円)

事業概要                                                

目的                                                   内容                                                  
 仮置き節の節割入力に伴う調整(政策的経費)                                 農空間整備事業では上記の目的を達成するため、農業                          
根拠法令                                                  生産基盤(農道、ほ場、水路等)及び農村生活環境基盤                          
 土地改良法                                                (集落道、交流拠点施設、体験型農園等)の整備等を行                          
 大阪府都市農業の推進及び農空間の保全と活用に関する                            う。                                                 
 条例大阪府耕地事業補助金交付要綱                                     1.農空間の整備                                           
 農業の有する多面的機能の発揮の促進に関する法律                              【活動指標】         H29   H30   H31                     
 農道整備事業        2地区 1地区 2地区                          
 農村総合整備事業      2地区 5地区 4地区                          
 団体営基盤促進事業     9地区 9地区 10地                          
 区                                                  
 【成果指標】                                             
  大阪府(府営事業)または市町村、土地改良区等(団                          
 体営事業)が事業実施主体となり、農業生産基盤及び農                          
 村生活環境基盤の整備等を行う。                                    
 ○農道整備事業                                            
  農道の新設、改良による農産物等の物流の効率化等                           
 ○農村総合整備事業                                          
  農地の区画整理、水路整備等や集落道の改善等を総                           
 合的に実施                                              
 ○基盤整備促進事業                                          
  小規模な農地の区画整理等のきめ細かな整備により、                          
 継続的な営農が行える環境整備                                     
 【自己評価】                                             
  多様な主体による農空間整備が進められており目標達                          
 成に寄与している。                                          
 2.農空間の保全・活用の推進                                     
  農空間が持つ多面的機能を発揮するため、地域住民等                          
 の多様な参加を得た活動組織による保全活動を支援する                          
 。                                                  
  また、基金の積立・活用により、棚田の機能保全とコ                          
 ミュニティの形成を図り、棚田地域の活性化を行う。ま                          
 た、府有土地改良施設について、長寿命化及び総量最適                          
 化の取組を推進する。                                         
 【活動指標】                                             
 ○保全活動実施地区/H29:20市町村(42地区)、                         
  H30:20市町村(44地区)、H31:20市町村(46地区)目                  
 標                                                  
 ○評価委員会の開催/H29 1回、H30 1回、H31 1回                     
 ○事例発表会の開催/H29 5回、H30 5回、H31 5回                     
 ○棚田保全活動に取り組むコミュニティ数/                               
  H29 6地区、H30 6地区(10月末時点)、H31 7地区(                  
 目標)                                                
 ○長寿命化・総量最適化取組地区/H31 2地区                            
 【成果指標】                                             
 ○地域住民と農家が一体となった農空間の保全が図られ                          
 る。                                                 
 ○棚田保全活動に参加したファンクラブ会員数                              
  H29 129名、H30 104名(10月末時点)、H31 150名(目              
 標)                                                 
 【自己評価】                                             
 ○地域活動への継続的な支援により、農空間が持つ多面                          
 的機能の促進に寄与している。                                     
 ○ファンクラブ会員が参加した活動が継続的に実施され                          
 ており、都市住民も交えた保全活動の推進に寄与してい                          
 る。                                                 

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初 0 0 0 0 0
要求額 0 0 0 0 0
内示額 0 0 0 0 0
調整要求額(最終) 500 0 0 0 500
査定額 500 0 0 0 500

要求額の内訳

査定額の内訳

1 節割入力後細事業                    500千円 要求どおり                         500千円
 (1) 節割入力後細々事業(準義務)           500千円                               500千円

明細 節割入力後細事業 節割入力後細々事業(準義務)(20110955-05111178)



ここまで本文です。