ホーム > 予算編成過程公表トップ > 令和元年度当初予算課長後調整 > 一般会計  > 住民基本台帳ネットワークシステム事業費(都道府県ネットワーク

平成31年度当初予算(課長後調整要求) 住民基本台帳ネットワークシステム事業費(都道府県ネットワーク

管理事業名 :市町村行財政事務事業 予算要求課 市町村課
事業名 :住民基本台帳ネットワークシステム事業費(都道府県ネットワーク(20190019) 予算計上課 市町村課
款名・項名・目名 :総務費 市町村振興費 市町村連絡調整費
(単位 千円)

事業概要                                                

目的                                                   内容                                                  
 住民基本台帳ネットワークシステムは、住民の利便性の                            @地方公共団体情報システム機構委託金(都道府県ネッ                          
 向上と行政の合理化に資するために構築された全国共通                            トワーク監視保守業務委託)                                      
 の本人確認ができるシステムである。府は当該システム                            A都道府県ネットワーク構築及び管理運用委託金                             
 において、府内市町村の住民基本台帳に登録されている                            Bデータセンタ借上料                                         
 住民の本人確認情報(※)を管理・運用している。                              【課長後調整要求理由】                                        
                                                      節の変更                                               
 そのうち、市町村と全国ネットワークを結ぶ都道府県ネ                          
 ットワークについて、地方公共団体情報システム機構と                          
 契約の委託網から、独自にネットワークを構築する自営                          
 網へ移行する。                                            
                                                    
 (※)本人確認情報:住民基本台帳に記載された事項の                          
 一部である氏名、生年月日、性別、住民票コード等                            
開始終了年度                                              
 平成31年度〜                                            

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初 0 0 0 0 0
要求額 92,515 0 0 0 92,515
内示額 92,515 0 0 0 92,515
調整要求額(課長後) 0 0 0 0 0
査定額 0 0 0 0 0

要求額の内訳

査定額の内訳

1 都道府県ネットワーク事業費               0千円 要求どおり                         0千円
 (1) 都道府県ネットワーク事業費            0千円                               0千円

明細 都道府県ネットワーク事業費 都道府県ネットワーク事業費(20190019-01990704)



ここまで本文です。