平成31年度当初予算(課長後調整要求) 災害救助基金設置運営費

管理事業名 :災害救助事業 予算要求課 危機管理室
事業名 :災害救助基金設置運営費(20110802) 予算計上課 危機管理室
款名・項名・目名 :福祉費 災害救助費 救助費
(単位 千円)

事業概要                                                

目的                                                   内容                                                  
 ○大規模災害時における応急救助費に充当するため、法                            1.法定最少積立額                                          
 定積立額の不足額を計画的に積み立てる。                                    前年度の前3年間の普通税収入額(決算額)の平均                          
開始終了年度                                                 年額の1,000分の5に相当する額                                 
 昭和40年度〜                                              (例)30年度最少額=26〜28年度の普通税収入額                          
根拠法令                                                  (決算額)の平均年額の1,000分の5に相当する額                          
 災害対策基本法                                               6,742,372,304円(平成30年度)                            
 災害救助法                                                2.平成30年度基金現在高(平成30年4月1日現在)                         
  6,128,077,449円                                    
 【内訳】                                               
  4,347,309,287円(現金)                                
  1,780,768,162円(動産)                                
 3.法定積立率(各年度4月1日時点)                                 
   平成24年度  90.44%(1.9億円積立後)                         
   平成25年度  99.75%(1.46億円積立後)                        
   平成26年度 100.00%(3,672万円積立後)                       
   平成27年度  99.49%(9,006万円積立後)                       
   平成28年度 100.00%(3億2,933万円積立後)                    
  平成29年度 99.43%(5億1,688万円積立後)                  
   平成30年度  99.50%(6億1,429万円積立後)                     
 4.積立の考え方【積立10ヵ年計画】                                 
  ○今後の財政収支の見通しから(粗い試算 H23.2)                        
   試算した税収見通しから平成32年度の法定最少積立                         
   額を55億円とし、今後10ヵ年での達成を図る計画で                        
   あったが、税収の落ち込みからH23〜24年度                           
   (190,492千円)H25年度(146,161千円)の3か年間                 
   の積立により前倒しで法定最少積立額に到達する見                          
   込みであった                                           
  ○H26年度に3,672万円を積み立てたことで法定最小積                      
   立額100%を達成                                        
  ○H28年度においても3億2,933万円を積み立てること                      
   により法定最少積立額を確保。                                   
  ○H30年度においては、大阪北部地震の応急救助に係                        
   る求償により必要額を取崩し。                                   
  ○H31年度においては、H30年度の基金の取崩した分や                       
   税収増加することから、所要額を要求する。                             
 5.成果指標                                             
  ○法定積立額不足額の充足                                      
  【自己評価】                                            
   平成30年度は、物資の拠出等により0.50%の不足と                       
   なったが、概ね水準に到達している。                                

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初 614,296 0 0 0 614,296
要求額 857,376 0 0 0 857,376
内示額 857,376 0 0 0 857,376
調整要求額(課長後) 31,369 0 0 0 31,369
査定額 31,369 0 0 0 31,369

要求額の内訳

査定額の内訳

1 災害救助対策費                     31,369千円 要求どおり                         31,369千円
 (1) 災害救助基金積立金                31,369千円                               31,369千円

明細 災害救助対策費 災害救助基金積立金(20110802-00040003)



ここまで本文です。