平成30年度当初予算(経常的経費) 原子力防災対策事業費

管理事業名 :消防防災事業 予算要求課 危機管理室
事業名 :原子力防災対策事業費(20031616) 予算計上課 危機管理室
款名・項名・目名 :総務費 防災費 防災総務費
(単位 千円)

事業概要

目的 内容
  災害対策基本法及び原子力災害対策特別措置法に基づ  1.原子力緊急時安全対策事業
 き、大阪府域における原子力防災対策を実施する。  (1)原子力緊急時安全対策事業
開始終了年度   ・原子力緊急事態に対応するための資機材の整備
 平成12年度〜    (小額備品・消耗品の整備)
根拠法令   ・オフサイトセンターの維持管理
 災害対策基本法    ※府内2カ所(熊取・東大阪)
 原子力災害対策特別措置法   【財源】国庫補助10/10
  ・原子力発電施設等緊急時安全対策交付金
 (2)原子力緊急時安全対策事業(普通建設事業)
  ・原子力緊急事態に対応するための資機材の整備
   (備品の整備)
  【財源】国庫補助10/10
  ・原子力発電施設等緊急時安全対策交付金
 (3)原子力災害対策部会開催経費
  ・原子力規制委員会による原子力災害対策指針等の改
 正を踏まえ、府地域防災計画(原子力災害対策編)を修
 正する経費
  【財源】国庫補助10/10
  ・原子力発電施設等緊急時安全対策交付金
 2.環境放射線監視等事業
 (1)環境放射線監視等事業
  ・環境放射線監視設備(モニタリングシステム)による監視に
   係る運営(事務費)、維持管理経費(保守等)
   ※モニタリングステーション3局
    モニタリングポスト12局
   ※原子力事業所(3カ所)周辺を監視
 (2)環境放射線監視システム改修工事費
  ・非常用発電機の整備(モニタリングポスト2局)
  ・環境放射線監視設備の耐震工事(モニタリングステーション、ホ
 ゚スト15局)
  ・環境放射線監視設備(モニタリングシステム)UPS更新(モニタリ
 ングポスト8局)
 (3)環境放射線監視等事業(普通建設事業)
  ・可搬型モニタリングポストの整備
 【財源】国庫補助10/10
  ・放射線監視等交付金

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初予算額 570,714 568,331 0 2,383 0
要求額 421,132 418,664 0 2,468 0
査定額 421,132 418,664 0 2,468 0

特定財源の積算根拠

項目

当初要求

査定額

総務使用料 防災使用料 消防防災事業使用料 1,992 1,992
総務費国庫補助金 防災費補助金 消防防災事業補助金 418,664 418,664
雑入 総務費雑入 消防防災事業雑入 476 476

要求額の内訳

査定額の内訳

1 原子力緊急時安全対策事業 161,603千円 要求どおり 161,603千円
   ○国交付金の範囲内で実施すること
  (1) 原子力緊急時安全対策事業 141,353千円   141,353千円
  (2) 原子力緊急時安全対策事業(普通建設
    事業)
14,858千円  
 
14,858千円
  (3) 原子力災害対策部会開催経費 5,392千円   5,392千円
2 環境放射線監視等事業
。。
259,529千円 要求どおり
 ○国交付金の範囲内で実施すること
259,529千円
  (1) 環境放射線監視等事業 91,927千円   91,927千円
  (2) 環境放射線監視システム改修工事費 134,251千円   134,251千円
  (3) 環境放射線監視等事業(普通建設事業
    )
33,351千円  
 
33,351千円

明細 原子力緊急時安全対策事業 原子力緊急時安全対策事業(20031616-00010015)

明細 原子力緊急時安全対策事業 原子力緊急時安全対策事業(普通建設事業)(20031616-00010027)

明細 原子力緊急時安全対策事業 原子力災害対策部会開催経費(20031616-00010029)

明細 環境放射線監視等事業 環境放射線監視等事業(20031616-00020009)

明細 環境放射線監視等事業 環境放射線監視システム改修工事費(20031616-00020018)

明細 環境放射線監視等事業 環境放射線監視等事業(普通建設事業)(20031616-00020028)



ここまで本文です。