平成29年度補正(第6号) 大阪産(もん)グローバルブランド化促進事業費

管理事業名 :流通対策事業 予算要求課 流通対策室
事業名 :大阪産(もん)グローバルブランド化促進事業費(20130748) 予算計上課 流通対策室
款名・項名・目名 :環境農林水産費 農業費 流通対策費
(単位 千円)

事業概要

目的 内容
  大阪府内の農林水産事業者が加工・販売分野に取り組  ○6次産業化ネットワーク活動推進事業
 む、いわゆる6次産業化が重要な課題となっている。   地域の多様な業種の事業者が参画し、ネットワークを
  この6次産業化に取組む事業者を支援するため、大阪  構築して実施する新商品開発などの取組みに対して支援
 産(もん)6次産業化サポートセンターの設置、ネットワ  を行う。
 ーク活動の推進等について支援を行う。  【補正理由】
  また、大阪産(もん)のブランド力向上と率先購入の機   事業者の計画変更等による減額
 会拡大を図るため、大阪産(もん)を購入することができ  ○6次産業化支援体制整備事業
 る店や味わうことができる店を増やし、大阪産(もん)の   府内の1箇所に常設支援拠点を設置して、そのもとに
 PRや販路拡大等を促進する。  以下の業務を実施する。
  これらの取組みを進めていくことで、府内農林水産業   ・個別相談事業
 及び食品関連産業の成長産業化を図る。   ・人材育成研修会事業
開始終了年度   ・ネットワーク構築事業
 平成28年度〜平成30年度  ○大阪産(もん)全国魅力発信事業
根拠法令   首都圏の百貨店等でキャンペーンを実施し、首都圏で
 地域資源を活用した農林漁業者等による新事業の創出  の需要を創出するとともに、以後の継続販売につなげて
 等及び地域の  行く。
 農林水産物の利用促進に関する法律  ○大阪産(もん)消費拡大加速化事業
  大阪産(もん)の率先購入につなげていくため、大阪産
 (もん)の販売店や飲食店を増やしていくとともに、付加
 価値の高い大阪産(もん)のPRと利用拡大を呼びかけ、
 大阪産(もん)の消費拡大を行う。
 ○大阪産(もん)戦略品目需要創造事業
  大阪産(もん)戦略品目(泉州水なす、八尾若ごぼう、
 ぶどう(デラウエア))の販売促進用ツールの開発や販促
 のための科学的なデータの整備、さらには、ぶどうの海
 外販路開拓に向けた輸送形態や保存方法に関する検討を
 行う。
 ○大阪産(もん)販路開拓支援事業
  大阪産(もん)の国内外への販路拡大のため、商談会へ
 の出展支援を行う。
 ○大阪食品産業振興事業
  「'17食博覧会・大阪」に設置する大阪府ブースの発
 信力を高めるため、企業協賛を得て、効果的な装飾等を
 行う。
 【活動指標】
  H29予定 6次化に取組む事業者数   5件
       人材育成研修・交流会   10回
       大阪産(もん)PRイベント  7回
  H28見込 6次化に取組む事業者数   3件
       人材育成研修・交流会   10回
       大阪産(もん)PRイベント  8回
  H27実績 6次化に取組む事業者数   9件
       人材育成研修・交流会   12回
       大阪産(もん)PRイベント  7回
 【成果指標】
 大阪産(もん)ロゴマーク使用許可件数

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

現計予算額 28,677 20,426 0 500 7,751
補正額 ▲1,708 ▲1,708 0 0 0

特定財源の積算根拠

項目

現計予算額

補正要求

査定額

環境農林水産費国庫補助金 農業費補助金 流通対策事業補助金 20,426 ▲1,708
雑入 環境農林水産費雑入 流通対策事業雑入 500 0

要求額の内訳

査定額の内訳

1 6次産業化ネットワーク活動推進事業 ▲1,708千円  
  (1) 活動推進事業 ▲1,708千円  

明細 6次産業化ネットワーク活動推進事業 活動推進事業(20130748-00010001)



ここまで本文です。