平成29年度当初予算(政策的経費) 帰国渡日児童生徒受入体制整備支援事業費

管理事業名 :市町村教育振興事業 予算要求課 小中学校課
事業名 :帰国渡日児童生徒受入体制整備支援事業費(20160494) 予算計上課 小中学校課
款名・項名・目名 :教育費 教育総務費 教育振興費
(単位 千円)

事業概要

目的 内容
  渡日して間もない外国籍児童生徒等が、日常の生活に  【事業内容】
 必要な日本語(「サバイバル日本語」)の早期習得を図   通訳者の派遣を行う市町村に対して補助を行う。
 れるよう受入体制整備を充実させる。  【補助率】
開始終了年度   国庫1/3(府1/3・市町村1/3)
 平成28年度〜  【活動指標】
 ・通訳者の派遣回数 2,700回
 【成果指標】
 ・日本語指導が必要な児童生徒のDLAによるアセスメ
  ント結果

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初予算額 7,200 3,600 0 0 3,600
要求額 7,200 3,600 0 0 3,600
査定額 4,320 2,160 0 0 2,160

特定財源の積算根拠

項目

当初要求

査定額

教育費国庫補助金 教育総務費補助金 市町村教育振興事業補助金 3,600 2,160

要求額の内訳

査定額の内訳

1 帰国渡日児童生徒受入体制整備支援事業 7,200千円   4,320千円
  (1) 帰国渡日児童生徒受入体制整備支援事
    業
7,200千円  
 
4,320千円
   ○経費の精査
   ○国庫事業の範囲内で実施すること
   ○補助対象とする経費は、通訳者派遣の拡充にかかる経
   費に限定すること。
   ○次年度以降の要求にあたっては、市町村の取組状況及
   び成果を示すこと。

明細 帰国渡日児童生徒受入体制整備支援事業 帰国渡日児童生徒受入体制整備支援事業(20160494-00010001)



ここまで本文です。