ホーム > 予算編成過程公表トップ > 平成29年度当初予算部長後調整 > 一般会計  > 精神科救急医療体制整備事業費(政策的経費)()

平成29年度当初予算(部長後調整要求) 精神科救急医療体制整備事業費(政策的経費)()

管理事業名 :精神保健対策事業 予算要求課 地域保健課
事業名 :精神科救急医療体制整備事業費(政策的経費)()(20130375) 予算計上課 地域保健課
款名・項名・目名 :健康医療費 公衆衛生費 精神衛生費
(単位 千円)

事業概要

目的 内容
  緊急措置診察の実施や夜間・休日に精神科での入  1.精神科緊急医療体制の整備
 院を受入れる医療機関の確保等により精神科救急医療体   夜間・休日において、精神保健福祉法第27条に基づ
 制の整備を図る。  く緊急措置診察及び法第29条の2による入院等の医療対
開始終了年度  応が可能な体制を整備する。
 平成 3年度〜  【活動指標】
根拠法令  緊急措置入院実施件数
 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律 第29条の  平成26年度 206件
 2 ほか  平成27年度 162件
 平成28年度 220件(見込)
 平成29年度 220件(見込)
 【成果目標】
 夜間・休日において法が円滑に運用され、スムーズに精
 神科医療にアクセスできること
 2.精神科救急医療体制の整備
  夜間・休日において、精神疾患の急変などにより緊急
 に診療を要する患者のため、民間精神科病院等の輪番制
 による入院等の医療対応が可能な体制を整備する。
 【活動指標】
 救急対応(入院・外来等)件数
 平成26年度 2,168件
 平成27年度 1,761件
 平成28年度 1,736件(見込)
 平成29年度 1,800件(見込)
 【成果目標】
 夜間・休日においても入院治療・外来診療を含めた精神
 科医療に円滑につながれること
 3.合併症救急医療体制の整備
  夜間・休日において一般科救急医療機関で処置を終え
 た身体合併症患者に対し、必要に応じて転院受入・外来
 対応を行うための体制を整備する。
 【活動指標】
 一般科救急医療機関で処置を終えた合併症患者の合併症
 支援病院への円滑な転院や精神科的な支援
 平成27年度 109件
 平成28年度 202件(見込)
 平成29年度 200件(見込)
 【成果目標】
 一般科救急医療機関で処置を終えた合併症患者が合併症
 支援病院において支援を受けられること
 4.精神科緊急・救急窓口の整備。
  上記1,2の相談窓口をおき、適切に判断を行い、必
 要な患者へ受診先の調整等を行う。
 【活動指標】
 平成27年度 救急 2,998件 緊急措置 496件
 平成28年度 救急 3,000件 緊急措置 500件(見込)
 平成29年度 救急 3,000件 緊急措置 500件(見込)
 【調整要求理由】
 非常勤報酬単価改定及び社会保険料改定

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初予算額 340,370 76,402 0 156,788 107,180
要求額 333,990 76,406 0 153,977 103,607
内示額 330,412 76,173 0 152,103 102,136
調整要求額(部長後) ▲114 ▲9 0 ▲76 ▲29
査定額 ▲114 ▲9 0 ▲76 ▲29

特定財源の積算根拠

項目

当初要求

査定額

健康医療費国庫負担金 公衆衛生費負担金 精神保健対策事業負担金 0 0
健康医療費国庫補助金 公衆衛生費補助金 精神保健対策事業補助金 ▲9 ▲9
雑入 健康医療費雑入 精神保健対策事業雑入 ▲76 ▲76

要求額の内訳

査定額の内訳

1 緊急・救急窓口の整備 ▲114千円 要求どおり ▲114千円
  (1) 緊急措置窓口・救急情報センターの整
    備
▲114千円  
 
▲114千円

明細 緊急・救急窓口の整備 緊急措置窓口・救急情報センターの整備(20130375-00090010)



ここまで本文です。