ホーム > 予算編成過程公表トップ > 平成29年度当初予算部長復活 > 一般会計  > 2025日本万国博覧会大阪誘致推進事業費

平成29年度当初予算(部長復活要求) 2025日本万国博覧会大阪誘致推進事業費

管理事業名 :企画調整事業 予算要求課 万博誘致推進室
事業名 :2025日本万国博覧会大阪誘致推進事業費(20171132) 予算計上課 万博誘致推進室
款名・項名・目名 :総務費 政策企画費 万博誘致推進費
(単位 千円)

事業概要

目的 内容
 2025年国際博覧会について、官民一体となって大阪への  ○2025年国際博覧会を大阪に誘致するため、次の取組を
 誘致を行うとともに、基本構想の具体化を図る。  実施する。
開始終了年度  T誘致委員会事業に係る経費
 平成29年度〜平成30年度  (1)誘致活動費(海外活動費)
  ・BIE総会への出席
  ・アスタナ博への訪問
  ・BIE加盟国の支持を得るため、海外へのプロモー
   ション活動を展開
 (2)BIEによる現地調査等への対応
  ・立候補後に実施されるBIEによる現地調査への対
   応
  ・BIE加盟国による現地視察への対応
 (3)事業推進有識者会議費
  ・機運醸成や誘致活動に係る事業実施にあたり、その
   進め方や効果検証等を行うため、有識者から意見を
   聴取するもの
 (4)事務経費
  ・啓発物製作等
 (5)債務負担行為の現年化
  ・機運醸成費、BIE加盟国への支持要請経費
 U府市共同実施事業に係る経費
 (1)外部有識者意見聴取
  ・基本構想の具体化を行うにあたり、「2025年万博基
   本構想検討会議」委員等から意見を聴取
 (2)債務負担行為の現年化
  ・交通アクセス検討調査費
  ・会場整備検討調査費

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初予算額 0 0 0 0 0
要求額 0 0 0 0 0
内示額 0 0 0 0 0
復活要求額(部長) 306,334 0 0 177,738 128,596
査定額 304,046 0 0 176,711 127,335

特定財源の積算根拠

項目

当初要求

査定額

雑入 総務費雑入 企画調整事業雑入 177,738 176,711

要求額の内訳

査定額の内訳

1 誘致委員会事業経費 201,896千円   200,356千円
  (1) 誘致活動費(海外活動費) 60,284千円 要求どおり 60,284千円
  (2) BIE・加盟国による現地調査に係る
    経費
39,866千円 要求どおり
。。
39,866千円
  (3) 事業推進有識者会議費 1,228千円 要求どおり 1,228千円
  (4) 事務経費
。。
41,518千円 。。
 ○事業費の精査。
39,978千円
  (5) 機運醸成費(債務負担現年化) 45,000千円 要求どおり 45,000千円
  (6) BIE加盟国への支持要請経費(債務
    現年化)
14,000千円 要求どおり
。。
14,000千円
2 府市共同実施事業経費 85,849千円 要求どおり 85,849千円
  (1) 外部有識者意見聴取費 5,849千円   5,849千円
  (2) 交通アクセス検討調査費(債務負担現
    年化)
38,000千円  
 
38,000千円
  (3) 会場整備検討調査費(債務負担現年化) 42,000千円   42,000千円
3 事務経費
。。
18,589千円 。。
 ○事業費の精査。
17,841千円
  (1) 事務経費 18,589千円   17,841千円

明細 誘致委員会事業経費 誘致活動費(海外活動費)(20171132-00010001)

明細 誘致委員会事業経費 BIE・加盟国による現地調査に係る経費(20171132-00010002)

明細 誘致委員会事業経費 事業推進有識者会議費(20171132-00010003)

明細 誘致委員会事業経費 事務経費(20171132-00010004)

明細 誘致委員会事業経費 機運醸成費(債務負担現年化)(20171132-00010013)

明細 誘致委員会事業経費 BIE加盟国への支持要請経費(債務現年化)(20171132-00010014)

明細 府市共同実施事業経費 外部有識者意見聴取費(20171132-00050006)

明細 府市共同実施事業経費 交通アクセス検討調査費(債務負担現年化)(20171132-00050015)

明細 府市共同実施事業経費 会場整備検討調査費(債務負担現年化)(20171132-00050016)

明細 事務経費 事務経費(20171132-00060007)



ここまで本文です。