平成29年度当初予算(部長復活要求) 私立高等学校等振興助成費

管理事業名 :私学振興事業 予算要求課 私学課
事業名 :私立高等学校等振興助成費(19963090) 予算計上課 私学課
款名・項名・目名 :教育費 文教諸費 私学振興費
(単位 千円)

事業概要

目的 内容
  教育条件の維持向上、保護者負担の軽減及び経営の健  【事業内容】教育条件の維持向上、保護者負担の軽減及
 全化を図り、私立学校の健全な発展に資する。        び経営の健全化を図るため補助する。
開始終了年度  【補助対象】学校法人 85法人
 昭和23年度〜       (高等学校104校、中学校63校、小学校
根拠法令        18校、中等教育学校1校)
 教育基本法第8条(私立学校の振興)  【補助単価】
 私立学校法第59条(助成)  ・従来ルールによる単価
 私立学校振興助成法第10条(その他の助成)   「国標準額」(国補助単価+地方交付税単価)と「標
 地方自治法232条の2(寄附又は補助)   準教育費(公立1人あたり経費)の1/2」のいずれ
  か少ない額
 ・要求の内容(小・中学校の単価〔▲15%〕を復元)
  高等学校:306,800円 [H28単価と同額]
  中 学 校:288,800円 [H28単価÷(1-15%)]
  小 学 校:255,550円 [H28単価÷(1-15%)]
 【積算根拠】補助単価×生徒数(定員内実員)
  ※定員内実員は、収容定員と実員のいずれか少ない数
 【成果指標】
  私立学校の教育条件の維持向上、保護者負担の軽減及
 び経営の健全性を高める
 【活動指標】補助金支出額
        H27実績 182校 36,374,165千円
        H28見込 183校 36,152,473千円
        H29見込 186校 37,028,611千円
 【事業手法の妥当性】
  私立学校における教育条件の維持向上、保護者負担の
  軽減を図るとともに、私立学校の経営の健全性を高め
  、教育基本法第8条に基づく私立学校の振興を図るた
  め、経常的経費の補助として私立学校振興助成法等に
  基づき助成
 【復活要求の内容】
  小・中学校の単価〔▲15%〕を復元する。

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初予算額 36,057,895 5,091,250 0 0 30,966,645
要求額 37,028,936 5,382,356 0 0 31,646,580
内示額 35,866,280 5,214,804 0 0 30,651,476
復活要求額(部長) 1,162,656 167,552 0 0 995,104
査定額 0 0 0 0 0

特定財源の積算根拠

項目

当初要求

査定額

教育費国庫補助金 文教諸費補助金 私学振興事業補助金 167,552 0

要求額の内訳

査定額の内訳

1 私立高等学校等経常費補助金 1,162,656千円   0千円
   ○小・中学校の補助単価カットは継続。
   ※義務教育は公立の受け皿がある。事情がある場合は校
   区外の公立学校への通学も可能。
  (1) 私立高等学校等経常費補助金 1,162,656千円   0千円

明細 私立高等学校等経常費補助金 私立高等学校等経常費補助金(19963090-00010001)



ここまで本文です。