ホーム > 予算編成過程公表トップ > 平成29年度当初予算課長後調整 > 一般会計  > 公的個人認証サービス運営事業費(課長後調整)

平成29年度当初予算(課長後調整要求) 公的個人認証サービス運営事業費(課長後調整)

管理事業名 :情報化推進事業 予算要求課 IT推進課
事業名 :公的個人認証サービス運営事業費(課長後調整)(20101133) 予算計上課 IT推進課
款名・項名・目名 :総務費 総務管理費 情報管理費
(単位 千円)

事業概要

目的 内容
 インターネット等を利用した、申請・届出等の行政手続  地方公共団体情報システム機構が、電子申請の申請者の
 の電子化に対応するため、高度な技術で確かな本人確認  電子署名が申請者本人のものであることを証明する「電
 ができる手段(電子認証)を全国一律に安い費用で提供  子証明書」を発行する認証局を運営する。
 する基盤「公的個人認証サービス」を運営する地方公共  各都道府県知事は、地方公共団体情報システム機構へ負
 団体情報システム機構へ費用負担する。  担金を支払う。
根拠法令  「活動指標」
 地方公共団体情報システム機構法  平成27年度  決算額    79,875千円
 公的個人認証法  平成28年度  決算見込額  86,668千円
 平成29年度  予算要求額  113,673千円
 【調整理由】
 事業実施主体である地方公共団体情報システム機構から
 、平成29年度事業に係る予算案等が示されたため。

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初予算額 86,673 0 0 0 86,673
要求額 113,673 0 0 0 113,673
内示額 86,673 0 0 0 86,673
調整要求額(課長後) 17,353 0 0 0 17,353
査定額 17,353 0 0 0 17,353

要求額の内訳

査定額の内訳

1 公的個人認証サービス事業 17,353千円 要求どおり 17,353千円
  (1) 認証業務負担金 17,353千円   17,353千円

明細 公的個人認証サービス事業 認証業務負担金(20101133-00020017)



ここまで本文です。