平成29年度当初予算(課長後調整要求) 運営費()

管理事業名 :消防学校運営事業 予算要求課 消防学校
事業名 :運営費()(19961296) 予算計上課 危機管理室
款名・項名・目名 :総務費 防災費 消防学校運営費
(単位 千円)

事業概要

目的 内容
  消防組織法に基づき、消防職員及び消防団員の教育訓  1.消防学校運営費
 練を実施し、地域消防力の充実強化を図る。   府内市町村の消防職員等を対象に、消防に関する知識
  ・場所:府立消防学校(大東市平野屋1−4−1)   及び技能について対象別に初任、専科、幹部、特別、
  ・面積:24,747.71u(敷地)、11,114.63u(延床)   消防団員などの各教育訓練を実施し、地域消防力の充
  ・施設概要:本館(寮含む)、屋内訓練場、訓練塔、   実強化を図る。
 水難救助訓練施設、科学消防教育施設等  2.消防学校派遣職員費
  ・教育訓練計画上の定員:初任教育(430人)、専科  (1)消防学校の教師として、府内各市町村消防本部・
 教育(510人)、幹部教育(90人)、特別教育(80人    消防組合から派遣を受けている消防職員(1年8名
 )消防団教育(1,100名)    ・半年1名)に係る人件費を負担する。
根拠法令  (2)消防学校の教務課職員として、府内各市町村消防
 消防組織法    本部・消防組合から派遣を受ける消防職員(2名)
 大阪府立消防学校条例    に係る人件費を負担する。
 地方自治法、派遣職員の取り扱いに関する協定  【調整要求理由】
  教務課職員退職に伴う人件費負担に係る調整

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初予算額 135,254 0 0 558 134,696
要求額 151,619 0 0 549 151,070
内示額 142,782 0 0 549 142,233
調整要求額(課長後) 19,472 0 0 0 19,472
査定額 19,472 0 0 0 19,472

特定財源の積算根拠

項目

当初要求

査定額

総務使用料 防災使用料 消防学校運営事業使用料 0 0
財産貸付収入 総務費不動産貸付収入 消防学校運営事業不動産貸付料 0 0
雑入 総務費雑入 消防学校運営事業雑入 0 0

要求額の内訳

査定額の内訳

1 消防学校派遣職員費負担金 19,472千円   19,472千円
  (1) 消防学校派遣職員費負担金 19,472千円 要求どおり 19,472千円

明細 消防学校派遣職員費負担金 消防学校派遣職員費負担金(19961296-00060008)



ここまで本文です。