平成28年度当初予算(政策的経費) 広報力強化事業推進費

管理事業名 :広報広聴推進事業 予算要求課 府政情報室
事業名 :広報力強化事業推進費(20160846) 予算計上課 府政情報室
款名・項名・目名 :総務費 府民文化費 広報広聴費
(単位 千円)

事業概要

目的 内容
  府の情報発信力を強化し、府のイメージをより良いも  ○府政広報力強化事業推進費
  のとして、内外に広めていくことが必要。この点、現   「地方創生交付金活用事業」
 在の媒体のみの取組みでは、限界がある。    A既存事業の隘路を発見し、打開する取組み
  このため、比較的コストのかからない手法として、ま                  (政策間連携)
 た、非常に弱い府域外への情報発信力を強化するため、     新聞発行部数の下落に伴い、府政だよりの折込部
 「首都圏等におけるパブリシティ」の展開のほかキャラ    数が減少し、府としての情報発信力が低下する中、
 クターを活用した広報を実施することにより、より効率    低コストで実施可能な取組みとして、首都圏におけ
 的・効果的な広報展開を図る。    るパブリシティを展開することにより、府政の全国
開始終了年度    への情報発信機会と認知度の確保を図る。
 平成27年度〜     ・首都圏等情報発信
根拠法令     ・キャラクターの活用
 なし  【手法の妥当性】
  ・比較的コストをかけずに情報発信力を強化できる
   手法として首都圏等におけるパブリシティを強化
   するもの。
  ・また、キャラクターの活用による広報力強化は、
   キャラクター広報方針に基づいて行うもの。
 【活動指標】
  首都圏等パブリシティ回数    26年度実績 16回
                 27年度見込 10回
                 28年度見込 10回
  もずやんのイベント等への出動 26年度実績219回
                 27年度見込250回
                 28年度見込250回
 【成果指標】
  SNS指標
  ・twitterフォロワー増加率の一定割合以上を維持
                 26年度実績 163/月
                 27年度見込 386/月
                 28年度見込 386/月
  ・エンゲージメント率の一定割合以上を維持
                 26年度実績1.1%
                 27年度実績2.0%
                 28年度見込2.0%

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初予算額 0 0 0 0 0
要求額 9,990 4,995 0 4,938 57
査定額 0 0 0 0 0

特定財源の積算根拠

項目

当初要求

査定額

総務費国庫補助金 府民文化費補助金 広報広聴推進事業補助金 4,995 0
雑入 総務費雑入 広報広聴推進事業雑入 4,938 0

要求額の内訳

査定額の内訳

1 広報力強化事業推進費 9,990千円 0査定 0千円
   ○日本外国人特派員協会の年1回のPRなどは、パブリシティ
   の手段の妥当性・費用対効果が疑問。首都圏等での大阪
   のPRは東京事務所・大阪観光局との連携や民間とのタイアッ
   プなど効率的・効果的に行うよう検討すること。
   ○委託生産・販売は在庫の取扱や販売手段に課題がある
   。無償の利用許諾により、多様な商品化で県のPRにつな
   がっている事例もある。
   ○「もずやん」の効果検証、今後の方針が不明確。
  (1) 広報力強化事業推進費 9,990千円   0千円

明細 広報力強化事業推進費 広報力強化事業推進費(20160846-00020002)



ここまで本文です。