平成28年度当初予算(政策的経費) 地域自殺対策強化事業費

管理事業名 :労政・労働福祉事業 予算要求課 労政課
事業名 :地域自殺対策強化事業費(20160573) 予算計上課 雇用推進室
款名・項名・目名 :商工労働費 労政費 労政費
(単位 千円)

事業概要

目的 内容
 府内労使の職場におけるメンタルヘルス対策を支援し、   我が国の自殺者数は、15年ぶりに3万人を下回ったも
 労働者の自殺防止と安全衛生対策及び事業所の安定化を  のの、依然高水準で推移しており、その原因や動機が特
 図る。  定できた者のうち勤務問題を原因とする者が1割を超え
根拠法令  ている。また、平成24年の厚生労働省の調査では、仕事
 自殺対策基本法  や職業生活に関することで強い不安、悩み、ストレスを
 自殺総合対策大綱  感じることがある労働者が6割を超えており、国におい
 て、平成26年11月に過労死等防止対策推進法が施行され
 た。
  一方、メンタルヘルスケアに取り組んでいる事業所は
 6割と前年より増加しているが、取組内容では、「労働
 者への教育研修・情報提供」が最も多く、普及、啓発的
 なものに止まっている。
  このため、職場のメンタルヘルス対策として、労働者
 の自殺防止はもとより、事業所の生産性にも影響する重
 要な課題と位置づけ、府内労使に対する支援を行う。
 (1) 職場のメンタルヘルス専門相談事業
   精神科医、臨床心理士、産業カウンセラーが労働者
  のメンタルヘルスにかかる相談と、使用者の職場のメ
  ンタルヘルスケアにかかる相談を行う。
 【活動指標28年度見込み)】
  年間相談者数 112人(56回)
  [状況]
  25年度 37人[当日キャンセル10人] (55回)
  26年度 29人[当日キャンセル10人] (57回)
  27年度 15人[当日キャンセル 1人] (26回)9月末時点
 (2) 職場のメンタルヘルス推進担当者養成研修会事業
   府内事業所における職場のメンタルヘルス推進担当
  者を養成する研修会を実施する。
 【活動指標28年度見込み)】
  年間受講者 400人(2回)
  [状況]
  25年度 382人 (2回:定員400人)
  26年度 715人 (4回:定員800人)
  27年度 −人 (2回:定員400人)10月末時点未実施
 【成果指標(28年度見込み)】
  参加者のアンケートにおいて内容が役に立つとする
  割合を70%以上とし、事業所内におけるメンタルヘル
  スケアの取り組みにつなげる。

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初予算額 0 0 0 0 0
要求額 3,058 2,292 0 0 766
査定額 3,058 2,292 0 0 766

特定財源の積算根拠

項目

当初要求

査定額

商工労働費国庫補助金 労政費補助金 労政・労働福祉事業補助金 2,292 2,292

要求額の内訳

査定額の内訳

1 地域自殺対策強化事業 3,058千円 要求どおり 3,058千円
   ○国庫採択の事業規模で実施すること。
    大阪府自殺対策基本指針の改定時に、本事業のあり方
   について検討すること。
  (1) 職場のメンタルヘルス専門相談事業 1,701千円   1,701千円
  (2) 職場のメンタルヘルス推進担当者養成
    研修会
1,357千円  
 
1,357千円

明細 地域自殺対策強化事業 職場のメンタルヘルス専門相談事業(20160573-00030001)

明細 地域自殺対策強化事業 職場のメンタルヘルス推進担当者養成研修会(20160573-00030002)



ここまで本文です。