平成28年度当初予算(政策的経費) 農業委員会等助成費<政策的経費>

管理事業名 :農地調整事業 予算要求課 農政室
事業名 :農業委員会等助成費<政策的経費>(20110946) 予算計上課 農政室
款名・項名・目名 :環境農林水産費 農地費 農地調整費
(単位 千円)

事業概要

目的 内容
 農業委員会等に関する法律に基づき農業委員会ネットワ  ●農業会議補助金
 ーク機構に指定する大阪府農業会議の円滑な運営を図る  1.常設審議委員等関係費
 ための助成を行う。  【事業内容】常設審議委員等の手当
 及び、市町村農業委員会の円滑な運営を図るため、農地  2.職員関係費
 法に基づく法令業務や地域における農政の調整推進活動  【事業内容】農業会議職員の給与
 に係る経費助成を行う。  3.機構集積支援事業費
根拠法令  【事業内容】農業会議が、農地法改正に伴う新制度(農
 農業委員会等に関する法律   地の利用関係の調整等の活動)を市町村農業委員会が
  円滑に実施できるよう支援する
 4.(1)農業委員会活動強化対策事業費
 【事業内容】農地法等の関係法令の適正・的確な執行及
  び地域の特性に応じた農業委員会等の活動展開を図る
  ため、研修・調査活動等の支援を行う
   (2)農地情報利用効率化対策事業費
 【事業内容】農地基本台帳の電算化状況等の調査・分析、
  電算化普及指導及び濃密指導等の実施
 5.連絡事務費
 【内  容】農業会議の事務費、事務所借上料
 6.農政事業費
 【内  容】各種会議の開催経費
 ≪活動指標≫農業会議補助金を交付した
 H24年度 常任会議員会議12回、研修会開催48回
 H25年度 常任会議員会議12回、研修会開催47回
 H26年度 常任会議員会議12回、研修会開催44回
 ≪成果指標≫農業委員会への協力、農地転用許可に係る
 府への意見提出等の農業会議の業務が円滑に行われた
 H24年度 農地法関係処理368件、研修会参加者3,136人
 H25年度 農地法関係処理279件、研修会参加者2,714人
 H26年度 農地法関係処理327件、研修会参加者2,987人
 ●農業委員会補助金
 1.機構集積支援事業費
 【事業内容】農地法改正により追加された事務を適切円
   滑に実施するために農業委員会の体制整備を支援
 2.農地台帳システム整備事業費
 【事業内容】農地法改正で追加された農地台帳の電子化
  、台帳情報の公表に係るシステム整備を支援
 3.農業構造改革推進等基金積立金
 【内  容】農業構造改革推進等基金運用利子
 【運用利率】0.06%
 ≪活動指標≫農業委員会補助金を交付した
 H26年度 機構集積12市町村 システム整備37市町村
 H27年度 機構集積31市町村 システム整備なし
 H28年度 機構集積37市町村 システム整備なし
 ≪成果指標≫農地利用状況調査、農地台帳の電子化及び
 システム保守が円滑に行われた
 H26年度 農地調査等12市町村 システム整備37市町村
 H27年度 農地調査等 8市町村 システム保守28市町村
 H28年度 農地調査等 9市町村 システム保守37市町村

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初予算額 149,665 58,283 0 49,169 42,213
要求額 183,729 56,529 0 85,289 41,911
査定額 183,719 56,529 0 85,289 41,901

特定財源の積算根拠

項目

当初要求

査定額

環境農林水産費国庫負担金 農地費負担金 農地調整事業負担金 9,752 9,752
環境農林水産費国庫補助金 農地費補助金 農地調整事業補助金 46,777 46,777
利子及び配当金 利子及び配当金 農地調整事業利子 52 52
農業構造改革推進等基金繰入金 農業構造改革推進等基金繰入金 農地調整事業基金繰入金 85,237 85,237

要求額の内訳

査定額の内訳

1 農業委員会等助成費 183,677千円   183,667千円
  (1) 農業会議補助金 66,231千円   66,221千円
   ○経費を精査
  (2) 農業委員会補助金 117,446千円 要求どおり 117,446千円
2 農業構造改革推進等基金積立金 52千円 要求どおり 52千円
  (1) 農業構造改革推進等基金積立金 52千円   52千円

明細 農業委員会等助成費 農業会議補助金(20110946-00020021)

明細 農業委員会等助成費 農業委員会補助金(20110946-00020024)

明細 農業構造改革推進等基金積立金 農業構造改革推進等基金積立金(20110946-00040025)



ここまで本文です。