平成28年度当初予算(政策的経費) 連続立体交差費

管理事業名 :道 路 事 業 予算要求課 交通道路室
事業名 :連続立体交差費(19962845) 予算計上課 交通道路室
款名・項名・目名 :都市整備費 道路橋りょう費 道路橋りょう費
(単位 千円)

事業概要

目的 内容
  大阪府が策定した「大阪府交通道路マスタープラン」  連続立体交差事業
 に基づき、鉄道を高架化することにより、踏切による交  【事業内容】鉄道を高架化することにより踏切を除却し
 通渋滞や事故を抜本的に解消し、都市交通の円滑化を図        、交通渋滞を解消する。
 るとともに、周辺市街地の生活環境や都市機能の向上・  【計画期間】平成26年度〜平成30年度
 活性化を図るものである。        (一部債務負担行為)
        ○南海本線・高師浜線(高石市)
         期 間 平成28年度〜平成32年度
         限度額 10,530,000千円
        ○京阪本線(寝屋川市・枚方市)
         期 間 平成28年度〜平成30年度
         限度額 1,700,000千円
 【根拠法令】道路法56条
 【補 助 率】55/100
 【路  線】
  近鉄奈良線(東大阪市)連続立体交差事業
   事業延長3.3km
  大阪外環状線(東大阪市)連続立体交差事業
   事業延長2.2km
  南海本線・高師浜線(高石市)連続立体交差事業
   事業延長4.1km
  南海本線(泉大津市)連続立体交差事業
   事業延長2.4km
  京阪本線(寝屋川市・枚方市)連続立体交差事業
   事業延長5.5km
  阪急京都線(摂津市)連続立体交差事業
   事業延長2.1km
 【活動指標】
 ○平成26年度 近鉄奈良線(東大阪市)連続立体交差事
 業の高架化、南海本線・高師浜(高石市)連続立体交差
 事業の鉄道高架化工事等(実績)
 ○平成27年度 南海本線・高師浜(高石市)連続立体交
 差事業の鉄道高架化工事等の進捗、京阪本線連続立体交
 差事業の用地買収等(見込)
 ○平成28年度 南海本線・高師浜(高石市)連続立体交
 差事業の鉄道高架化工事等、京阪本線連続立体交差事業
 の用地買収等(予定)
 【成果指標】
  鉄道の高架化により、踏切による交通渋滞や事故を抜
 本的に解消し、都市交通の円滑化を図り、周辺市街地の
 生活環境や都市機能の向上・活性化を図る。

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初予算額 8,057,794 4,114,550 2,763,000 1,156,105 24,139
要求額 9,043,314 4,537,225 2,512,000 1,714,015 280,074
査定額 5,564,814 2,624,050 1,639,000 1,118,500 183,264

特定財源の積算根拠

項目

当初要求

査定額

都市整備費負担金 道路橋りょう費負担金 道路事業負担金 1,714,015 1,118,500
都市整備費国庫補助金 道路橋りょう費補助金 道路事業補助金 4,537,225 2,624,050
都市整備債 道路橋りょう債 道路事業債 2,512,000 1,639,000

要求額の内訳

査定額の内訳

1 交付金 8,249,500千円   4,771,000千円
  (1) 連続立体交差費(交付金)【建設】 8,249,500千円   4,771,000千円
   ○都市整備部の建設事業(公共)については、過去2年
    連続で国費の内示額が府の当初予算額を大幅に下回る
    結果となったことを踏まえ、今年度の国費の内示額を
    ベースとして28年度当初予算額を計上する。但し、
    過年度設定の債務負担行為に基づく義務額は確保。
2 単独 793,814千円 要求どおり 793,814千円
  (1) 連続立体交差費(単独)【建設】 793,814千円   793,814千円

明細 交付金 連続立体交差費(交付金)【建設】(19962845-00010002)

明細 単独 連続立体交差費(単独)【建設】(19962845-00020017)

備考
債務負担行為有り


ここまで本文です。