平成28年度当初予算(最終調整) ダム建設費

管理事業名 :河川砂防事業 予算要求課 河川室
事業名 :ダム建設費(19961964) 予算計上課 河川室
款名・項名・目名 :都市整備費 河川海岸費 河川砂防費
(単位 千円)

事業概要

目的 内容
  河川法16条第2項により府が定めた河川整備計画に基  1.ダム建設費(公共)
 づき、治水対策のためダム建設事業を実施する。  (1)安威川ダム建設事業(公共)
  また水源地域対策特別措置法12条に基づき、負担金を  【事業内容】100年に一度の大雨(時間雨量80ミリ程度)
 支出するもの。        への対応として、河川改修とあわせて、
根拠法令        ダムの建設を実施する。
 河川法 水源地域対策特別措置法  【事業対象】安威川ダム1箇所
 【実施期間】〜平成33年度
 【債務負担(ダム建設(公共))】
  《限度額》7,036,000千円
  《期 間》平成28年度〜平成32年度
  《目 的》・取水放流設備工事、左岸道路築造工事、
        鉄塔移設工事等として複数工区施工を行
        うが、これ以上の工事分割が不可能なた
        め。
 2.ダム建設費(単独)
 (1)安威川ダム建設事業(単独)
 【事業内容】ダム建設による水没地域の関係地区住
       民に対する生活再建対策及び地域整備
       に必要な事業を実施する。
 【事業対象】安威川ダム1箇所
 【実施期間】〜平成33年度
 (2)大戸川ダム建設事業(単独)
 【事業内容】大戸川ダムにおける水源地域対策特別
       措置法12条に基づく下流負担金。
 【事業対象】大戸川ダム1箇所
 【実施期間】〜平成28年度
 【債務負担(ダム建設(単独))】
  《限度額》805,000千円
  《期 間》平成28年度〜平成29年度
  《目 的》残土処分地整備工事については、大規模土
       工や河川切替工事の出水期を回避した工期
       設定をするなど、工期が長期に及ぶため。
 【活動指標】
  大阪府の治水対策である「逃げる」「防ぐ」「凌ぐ」
 の施策を踏まえたダム建設事業の整備
 安威川ダム建設事業整備進捗率(全体事業費136,400百
 万円)
 H26年度累計出来高  96,614百万円 70.83%
 H27年度累計出来高 100,944百万円 74.01%
 H28年度累計出来高 107,444百万円 78.77%
 【成果指標】
  河川整備計画に基づき、治水対策のためのダム建設を
 実施

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初予算額 0 0 0 0 0
要求額 0 0 0 0 0
内示額 7,654,107 0 0 0 7,654,107
調整要求額(最終) 7,653,267 0 0 0 7,653,267
査定額 7,653,267 0 0 0 7,653,267

要求額の内訳

査定額の内訳

1 節割入力後細事業 7,653,267千円   7,653,267千円
  (1) 節割入力後細々事業(その他) 7,653,267千円   7,653,267千円

明細 節割入力後細事業 節割入力後細々事業(その他)(19961964-00130044)

備考
債務負担行為有り


ここまで本文です。