平成28年度当初予算(最終調整) 舗装道補修費

管理事業名 :道 路 事 業 予算要求課 交通道路室
事業名 :舗装道補修費(19961288) 予算計上課 交通道路室
款名・項名・目名 :都市整備費 道路橋りょう費 道路橋りょう費
(単位 千円)

事業概要

目的 内容
  大阪府が定めた「大阪府都市基盤施設長寿命化計画」  1 舗装道補修費(交付金)(維持的建設)
 に基づき、総合的な交通施策を推進するため、都市活動  【事業内容】車両の騒音による環境基準超過地域におい
 を支える道路といった交通基盤の維持管理を行う。        て、騒音の発生を低減するための低騒音舗
       装を実施し、沿道環境の改善を図る。
 【事業対象】大阪高槻京都線、国道170号など6路線
 【根拠法令】道路法第42条
 【補助率】(国道)0.5  (地方道)0.55
 【事業期間】平成28年度
 2 舗装道補修費(単独)(維持的建設)
 【事業内容】一般交通に支障を及ぼさないよう、道路の
       舗装修繕を行い、安全確保に努める。
 【事業対象】府管理道路について、交通量などの重要度
       により、水準を定めて路面状態の不良な箇
       所を補修。合計60箇所
 【根拠法令】道路法第42条
 【事業期間】平成28年度
       平成28〜29年度(一部債務負担行為)
       期間 平成28年度 限度額 100,000千円
 3 路面復旧受託工事費
 【事業内容】他機関が地下埋設物工事を実施した後、道
       路管理者が掘削路面の復旧を受託すること
       により、一般的な整備を行い、効率的な復
       旧を図る。
 【事業対象】柏原駒ヶ谷千早赤阪線、泉佐野打田線など
       7路線。
 【根拠法令】道路法第38条
 4 舗装道補修費(交付金)(維持)
 【事業内容】道路陥没事故を未然に防ぐため、路面下の
       空洞を調査し、安全確保に努める。
 【事業対象】府管理道路、約425q
 【根拠法令】道路法第42条
 【補助率】(国道)0.5  (地方道)0.55
 【事業期間】平成28年度
 ※主な事業の活動指標
 【平成26年度の実績】
  舗装道補修箇所  108箇所
 【平成27年度の見込み】
  舗装道補修箇所   63箇所
 【平成28年度の予定】
  舗装道補修箇所   60箇所
 ※成果指標
   亀裂など損傷している舗装版を補修することで、一
  般交通の安全を確保するとともに、振動、騒音の原因
  を解消する。
   また、道路路面下の空洞調査を実施し、道路陥没を
  未然に防ぐ。

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初予算額 0 0 0 0 0
要求額 0 0 0 0 0
内示額 3,079,373 0 0 0 3,079,373
調整要求額(最終) 3,061,722 0 0 0 3,061,722
査定額 3,061,722 0 0 0 3,061,722

要求額の内訳

査定額の内訳

1 節割入力後細事業 3,061,722千円   3,061,722千円
  (1) 節割入力後細々事業(その他) 3,061,722千円   3,061,722千円

明細 節割入力後細事業 節割入力後細々事業(その他)(19961288-00190093)

備考
債務負担行為有り


ここまで本文です。