ホーム > 予算編成過程公表トップ > 平成28年度当初予算通常 > 一般会計  > 水道等指導監督事業費(経常的経費)

平成28年度当初予算(経常的経費) 水道等指導監督事業費(経常的経費)

管理事業名 :環境衛生事業 予算要求課 環境衛生課
事業名 :水道等指導監督事業費(経常的経費)(20110025) 予算計上課 環境衛生課
款名・項名・目名 :健康医療費 環境衛生費 環境衛生指導費
(単位 千円)

事業概要

目的 内容
 飲用に供する水の安全で安定した供給を確保するため水  1.水道事業の計画的な整備指導
 道の計画的整備及び維持管理について指導監督等を行う   水道施設整備事業が合理的・計画的に推進されるよう
 。  指導するとともに、国庫補助及び全額が国庫支出金に
根拠法令  よる府費補助事業(新設予定)について申請の内容審査、
 水道法  現地検査等の指導監督を行う。
 大阪府特設水道条例  2.専用水道等の確認・検査
 大阪府生活基盤施設耐震化等補助金交付要綱等   専用水道及び特設水道の工事設計の確認、給水開始の
  検査を行う。
 3.水道の維持管理の指導
  水道施設について、年2回の一斉検査や事故が発生し
  た場合の水質検査等を行い、給水の安全を図る。
 4.貯水槽水道の指導監督
  貯水槽水道が適正に管理されるよう設置者等に対し、
  指導監督を行う。
 5.飲用井戸水質監視
  トリクロロエチレン等有害物質を検出した汚染井戸や一般家庭
  井戸について、汚染の広がりを確認するとともに、飲
  用井戸の衛生確保を図る。
 6.関係法律の改正により、平成25年度から、専用水道の
  確認・検査・指導、貯水槽水道の指導監督、飲用井戸の
  水質監視については、権限がすべての市に移譲された
  が、知事権限である町村域の専用水道の確認・検査・
  指導、貯水槽水道の指導監督についても大阪版地方分
  権推進制度により権限移譲を行なった。
  なお、府条例に基づく特設水道の確認・検査・指導の
  権限については、市を対象として委譲を進める。
 【活動指標】
 1.国庫補助事業 H26年度 H27年度 H28年度(予定)
  補助の審査指導  23件   21件   22件
          (新規5件) (新規7件) (新規4件)
 2.施設等監視指導 H26年度 H27年度 H28年度(予定)
  @水道施設    304件  270件   290件
  A貯水槽・井戸 290件  200件   245件

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初予算額 6,850 800 0 0 6,050
要求額 6,425 800 0 0 5,625
査定額 6,425 800 0 0 5,625

特定財源の積算根拠

項目

当初要求

査定額

健康医療費国庫補助金 環境衛生費補助金 環境衛生事業補助金 800 800

要求額の内訳

査定額の内訳

1 水道等指導監督事業 6,425千円 要求どおり 6,425千円
  (1) 大阪版地方分権推進制度移譲事務交付
    金
3,259千円  
 
3,259千円
  (2) 水道等指導監督事業 3,166千円   3,166千円

明細 水道等指導監督事業 大阪版地方分権推進制度移譲事務交付金(20110025-00010005)

明細 水道等指導監督事業 水道等指導監督事業(20110025-00010007)



ここまで本文です。