平成28年度当初予算(経常的経費) 地球温暖化対策推進費

管理事業名 :温暖化対策事業 予算要求課 エネルギー政策課
事業名 :地球温暖化対策推進費(20061025) 予算計上課 エネルギー政策課
款名・項名・目名 :環境農林水産費 環境保全費 環境保全対策費
(単位 千円)

事業概要

目的 内容
  国の温室効果ガス削減目標の達成のため、本府は、地  1.温暖化防止条例に基づく事業者指導事業
 球温暖化対策推進法に基づき、府域の温室効果ガス排出  【事業内容】条例に基づき、届出データベースの運用、
 量を削減する必要がある。        事業者に対する対策指導を実施する。
  このため、大阪府地球温暖化対策実行計画に基づき        特に優れた取組をした事業者を「おおさか
 必要な対策を実施する。        ストップ温暖化賞」として表彰し、広く公
開始終了年度        表するとともに、対策計画及びその実績に
 平成18年度〜        ついて評価する制度を新たに導入し、温室
根拠法令        効果ガスの排出量の削減を一層推進する。
 地球温暖化対策の推進に関する法律  【活動指標】条例対象事業者数:約900事業者
 大阪府温暖化の防止等に関する条例  【成果指標】条例対象事業者の温室効果ガス削減量
 大阪府地球温暖化防止活動推進員設置運営要綱        平成25年度:約85.2万トン
 エネルギーの使用の合理化等に関する法律  2.家庭や企業の省エネルギー行動推進事業
 <ボランティア推進員の保険>
 【事業内容】地球温暖化問題の意識向上のため、大阪府
       地球温暖化防止活動推進員設置運営要綱第
       9条に掲げる役割を担うボランティア推進
       員の活動保険を措置して広範な活動を支援
       する。
 【活動指標】推進員数
        H26実績:126人
        H27見込:127人
        H28予定:200人
 <地球環境関西フォーラム負担金>
 【事業内容】地球環境問題という広域的課題について、
       関西の産官学民が一体となって様々な普及
       啓発や国等への提言活動を行う「地球環境
       関西フォーラム」へ参画する。
 【事業手法】負担金(会費)
 【負担金額】200千円(規約により定額)
 <大阪グリーン購入ネットワークへの参加>
 【事業内容】大阪府域の消費者・企業・行政で組織する
       グリーン購入ネットワークに参加し、グリ
       ーン購入の取組みを促進する。
 【事業手法】負担金(会費)
 【負担金額】10千円(規約により定額)
 <大阪省エネラベルキャンペーン実行委員会負担金>
 【事業内容】大阪府域の行政や民間団体で組織する実行
       委員会に参画し、家電製品に係る省エネ情
       報を提供する「省エネラベル」の普及を促
       進する。
 【事業手法】負担金(会費)
 【負担金額】30千円(規約により定額)
 3.省エネ法に基づくエネルギー管理事業
 【事業内容】地球温暖化対策を推進し、省エネルギー対
       策の強化を図るとともに省エネ法に対応す
       るため、所要の措置等を講ずる。

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初予算額 1,554 0 0 503 1,051
要求額 1,501 0 0 503 998
査定額 1,501 0 0 503 998

特定財源の積算根拠

項目

当初要求

査定額

環境保全基金繰入金 環境保全基金繰入金 温暖化対策事業基金繰入金 503 503

要求額の内訳

査定額の内訳

1 温暖化防止条例に基づく事業者指導事業 195千円 要求どおり 195千円
  (1) 温暖化防止条例に基づく事業者指導事
    業
195千円  
 
195千円
2 家庭や企業の省エネルギー行動推進事業 1,139千円 要求どおり 1,139千円
  (1) 家庭や企業の省エネルギー行動推進事
    業
1,139千円  
 
1,139千円
3 省エネ法に基づくエネルギー管理事業 167千円 要求どおり 167千円
  (1) 省エネ法に基づくエネルギー管理事業 167千円   167千円

明細 温暖化防止条例に基づく事業者指導事業 温暖化防止条例に基づく事業者指導事業(20061025-00010001)

明細 家庭や企業の省エネルギー行動推進事業 家庭や企業の省エネルギー行動推進事業(20061025-00030004)

明細 省エネ法に基づくエネルギー管理事業 省エネ法に基づくエネルギー管理事業(20061025-00050009)



ここまで本文です。