平成28年度当初予算(経常的経費) エイズ予防対策費

管理事業名 :感染症対策事業 予算要求課 医療対策課
事業名 :エイズ予防対策費(19964073) 予算計上課 医療対策課
款名・項名・目名 :健康医療費 公衆衛生費 予防費
(単位 千円)

事業概要

目的 内容
  大阪府域のエイズ患者・HIV感染者の報告件数は、  【事業内容】
 近年も高い水準で推移しており、今後更なる感染拡大が   (1)正しい知識の普及・啓発
 危惧されている状況にあることから、国の後天性免疫不     世界エイズ・デー(12月1日))を中心とした
 全症候群に関する特定感染症予防指針等に基づき、感染     府内一斉の啓発活動や啓発パンフレット等の作成
 症予防及びまん延の防止等を図る。     配布等
根拠法令   (2)相談指導体制の充実
 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する     保健所における相談指導技術の向上のための研修
 法律第11条     会の実施や外国人エイズ電話相談事業等
 (同施行規則第2条)他   (3)検査体制の充実
 後天性免疫不全症候群に関する特定感染症予防指針     平日夜間・休日におけるHIV検査やMSM(男
 性感染症に関する特定感染症予防指針     性間で性行為を行う者)向けのHIV検査等の実
    施等
  (4)医療体制の充実及び治療研究の促進
    エイズ治療拠点病院等との連携会議及び医療関係
    者向けの研修会の実施等
 【活動指標、成果指標】
 (活動指標)
   大阪府におけるHIV検査受検者数及び陽性率
    平成26年度 委託検査 7,613件(0.64%)
          直営検査 3,066件(0.20%)
    平成27年度 委託検査 7,257件(0.81%)
           〔上半期実績 3,766件(*)より〕
          *クリニック検査[275件]は上半期のみ
          直営検査 2,478件(0.16%)
           〔上半期実績 1,239件より〕
    平成28年度 委託検査 7,820件(0.95%)
           直営検査 3,200件
  (直営検査はハイリスク層を対象と
   しないため目標値は設定せず)
 【負担割合】
  国庫1/2 都道府県1/2
  (3)については、一部検査手数料収入有り
 【開始年度】
  昭和60年 相談業務開始
  昭和62年 全保健所にて検査(採血)開始

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初予算額 40,499 20,040 0 361 20,098
要求額 38,649 18,940 0 709 19,000
査定額 38,649 18,940 0 709 19,000

特定財源の積算根拠

項目

当初要求

査定額

健康医療手数料 公衆衛生手数料 感染症対策事業手数料 355 355
健康医療費国庫補助金 公衆衛生費補助金 感染症対策事業補助金 18,940 18,940
雑入 健康医療費雑入 感染症対策事業雑入 354 354

要求額の内訳

査定額の内訳

1 エイズ予防対策事業 38,649千円 要求どおり 38,649千円
  (1) 正しい知識の普及・啓発 2,481千円   2,481千円
  (2) 相談指導体制の充実 1,186千円   1,186千円
  (3) 検査体制の充実 34,358千円   34,358千円
  (4) 医療体制の充実及び治療研究の促進 624千円   624千円

明細 エイズ予防対策事業 正しい知識の普及・啓発(19964073-00010005)

明細 エイズ予防対策事業 相談指導体制の充実(19964073-00010011)

明細 エイズ予防対策事業 検査体制の充実(19964073-00010012)

明細 エイズ予防対策事業 医療体制の充実及び治療研究の促進(19964073-00010013)



ここまで本文です。