ホーム > 予算編成過程公表トップ > 平成28年度当初予算通常 > 一般会計  > 結核対策関連事業費(義務的経費)

平成28年度当初予算(経常的経費) 結核対策関連事業費(義務的経費)

管理事業名 :感染症対策事業 予算要求課 医療対策課
事業名 :結核対策関連事業費(義務的経費)(19963935) 予算計上課 医療対策課
款名・項名・目名 :健康医療費 公衆衛生費 予防費
(単位 千円)

事業概要

目的 内容
 結核患者(入院患者、一般患者)に対する医療費の公  【事業内容】
 費負担の実施   結核医療費公費負担
開始終了年度   ・入院患者(原則として医療に係る費用の全額を
 昭和26年度〜   公費負担。但し、保険給付額を除く。)
根拠法令   ・一般患者(医療に係る費用の95%を公費負担。
 ・入院患者 感染症法第37条、第40条      但し、保険給付額を除く。)
 ・一般患者 感染症法第37条の2、第40条  【対象】
  府内の結核患者
 【事業主体】
  都道府県(但し、政令市、中核市は除く。)
 【負担割合】
 ・入院患者(感染症法第37条)
  国庫3/4、都道府県1/4
 ・一般患者(感染症法第37条の2)
  国庫1/2、都道府県1/2
 【積算根拠】
 1.結核医療療養関係事業費(扶助費)
  平成27年度の9月以降の見込額は、平成24年度から平
 成26年度の4月〜8月実績の対前年比の3か年平均比を平
 成26年度実績額に乗じて算出。
  平成27年度の9月以降の見込件数は、8月までの対前
 年比を平成26年度同月実績件数に乗じて算出。
  平成28年度の見込件数は、入院患者は平成27年度と同
 数と見込み、一般患者は平成27年度の見込み件数に直近
 4か年(H24〜H27)の平均増減率を乗じた件数とする。
  平成28年度の見込額は平成28年度見込件数に平成27年
 度見込単価(平成27年度月平均実績額を平成27年度実績
 見込件数で除して算出)に、平成28年度の見込件数を乗
 じた金額とする。
 2.結核医療療養関係事業費(指導費)
  平成27年度4月〜8月実績及び9月〜3月見込件数(8月
 までの対前年度比を平成26年度実績件数に乗じて算出)
 に、入院患者は平成27年度実績見込と同数、一般患者
 は4ヵ年(平成24〜27年度)平均増減率を乗じた合計
 件数に、平成26年度の請求件数按分比及び1件あたりの
 手数料単価を乗じたものを平成28年度要求額とする。

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初予算額 173,308 122,707 0 0 50,601
要求額 141,869 100,775 0 0 41,094
査定額 123,457 88,000 0 0 35,457

特定財源の積算根拠

項目

当初要求

査定額

健康医療費国庫負担金 公衆衛生費負担金 感染症対策事業負担金 91,121 80,414
健康医療費国庫補助金 公衆衛生費補助金 感染症対策事業補助金 9,654 7,586

要求額の内訳

査定額の内訳

1 結核医療療養関係事業費(扶助費) 140,803千円   122,391千円
  (1) 結核医療費公費負担 140,803千円   122,391千円
   ○所要額を精査
2 結核医療療養関係事業費(指導費) 1,066千円   1,066千円
  (1) 診療報酬審査及び支払事務手数料 1,066千円 要求どおり 1,066千円

明細 結核医療療養関係事業費(扶助費) 結核医療費公費負担(19963935-00010006)

明細 結核医療療養関係事業費(指導費) 診療報酬審査及び支払事務手数料(19963935-00070012)



ここまで本文です。