ホーム > 予算編成過程公表トップ > 平成27年度当初予算通常(政策的経費) > 一般会計  > 水素関連ビジネス創出基盤形成事業費【知事重点特別枠】

平成27年度当初予算(政策的経費) 水素関連ビジネス創出基盤形成事業費【知事重点特別枠】

管理事業名 :交通環境事業 予算要求課 環境管理室
事業名 :水素関連ビジネス創出基盤形成事業費【知事重点特別枠】(20150462) 予算計上課 環境管理室
款名・項名・目名 :環境農林水産費 環境保全費 環境保全対策費
(単位 千円)

事業概要

目的 内容
  大阪府自動車NOx・PM総量削減計画〔第3次〕の目標で  【成果指標】
 ある二酸化窒素及び浮遊粒子状物質の環境基準の継続的   平成32年度の対策地域における自動車NOx・PM排出量
 ・安定的達成に向けて、バス等の大型車両の低公害化が   :NOx 11,220トン、PM 670トン
 重要であり、このため、究極のエコカーである燃料電池  【活動指標】
 バス(FCバス)の実証を通じ、バス事業者の理解を深め   平成27年度 [新規]FCバスの実証走行
 事業化につなげ、FCバスの導入を促進する。併せて利  【事業期間】
 用者となる府民に対してもFCバスの認知度向上を図る。   平成27年度〜平成29年度
根拠法令
 自動車NOx・PM法
 大阪府環境基本条例
 大阪府生活環境の保全等に関する条例
 大阪府自動車NOx・PM総量削減計画〔第3次〕

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初予算額 0 0 0 0 0
要求額 5,300 0 0 5,300 0

特定財源の積算根拠

項目

当初要求

査定額

環境農林水産費負担金 環境保全費負担金 交通環境事業負担金 5,300

要求額の内訳

査定額の内訳

1 燃料電池バス導入促進実証事業 5,300千円  
  (1) 燃料電池バス導入促進実証事業 5,300千円  

明細 燃料電池バス導入促進実証事業 燃料電池バス導入促進実証事業(20150462-00010001)



ここまで本文です。