平成27年度当初予算(課長後調整要求) 防災情報充実強化事業費()

管理事業名 :消防防災事業 予算要求課 危機管理室
事業名 :防災情報充実強化事業費()(20061077) 予算計上課 危機管理室
款名・項名・目名 :総務費 防災費 防災総務費
(単位 千円)

事業概要

目的 内容
  近年の災害教訓・課題を踏まえ、府民への情報発信力  インターネットを活用し、災害情報等を配信
 の強化や情報共有体制の充実のため「おおさか防災ネッ  →「おおさか防災ネット」運営にかかる経費
 ト」を整備し、府民に信頼される安全なまち大阪の実現   (回線使用料、維持管理委託、機器借り上げ)
 を図る。  【「おおさか防災ネット」の概要】
 【参考:近年の教訓・課題】  ○防災情報の収集・提供・管理
 ・災害時には市町村庁舎が被害を受けて情報発信ができ   さまざまな気象情報、避難情報等防災情報を集約・一
  なくなる。  元的に管理し、ポータルサイトや電子メール(防災情報
 ・同報無線・広報車が十分機能せず住民に必要な情報を  メール)など、多様な手段で速やかに情報提供する。
  伝えられない。  ○市町村の防災業務を支援
 ・災害時には災害現場の混乱とともに、被害情報が激増   市町村がシステムに入力した避難勧告等を緊急速報メ
  するため、防災情報を的確に把握・共有できない。  ールやテレビのデータ放送等多様な手段で府民へ迅速に
開始終了年度  提供し、被災者支援システムを即座に利用できるように
 平成18年度〜  する。
 ○高所カメラの管理運営
  災害発生初期における被災状況を確認。
 【事業負担】
  府2分の1、市町村2分の1
 【防災情報メール登録者数推移】
  平成24年度末  104,709アドレス
  平成25年度末  148,316アドレス
  平成26年9月末 167,459アドレス
  平成27年末目標 233,459アドレス
 【調整要求理由】
 消費税増税が延期されたため

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初予算額 65,590 0 0 32,780 32,810
要求額 71,931 0 0 35,965 35,966
内示額 71,931 0 0 35,965 35,966
調整要求額(課長後) ▲535 0 0 ▲268 ▲267
査定額 ▲535 0 0 ▲268 ▲267

特定財源の積算根拠

項目

当初要求

査定額

雑入 総務費雑入 消防防災事業雑入 ▲268 ▲268

要求額の内訳

査定額の内訳

1 防災情報充実強化事業 ▲535千円 要求どおり ▲535千円
  (1) 防災情報充実強化事業 ▲535千円   ▲535千円

明細 防災情報充実強化事業 防災情報充実強化事業(20061077-00010002)

備考
債務負担行為有り


ここまで本文です。