平成27年度当初予算(課長後調整要求) 原子力防災対策事業費<経常的経費>()

管理事業名 :消防防災事業 予算要求課 危機管理室
事業名 :原子力防災対策事業費<経常的経費>()(20031616) 予算計上課 危機管理室
款名・項名・目名 :総務費 防災費 防災総務費
(単位 千円)

事業概要

目的 内容
  災害対策基本法及び原子力災害対策特別措置法に基づ  1.原子力緊急時安全対策事業
 き、大阪府域における原子力防災対策を実施する。   (1)原子力緊急時安全対策事業
開始終了年度   ・原子力緊急事態に対応するための資機材の整備
 平成12年度〜    (小額備品・消耗品の整備)
根拠法令   ・オフサイトセンターの維持管理
 災害対策基本法    ※府内2カ所(熊取・東大阪)
 原子力災害対策特別措置法    【財源】国庫補助10/10
  ・原子力施設等緊急時安全対策交付金
 2.環境放射線監視等事業
  (1)環境放射線等監視事業
  ・環境放射線監視設備(モニタリングシステム)による監視に
   係る運営(事務費)、維持管理経費(保守等)
   ※モニタリングステーション3局
    モニタリングポスト12局
   ※原子力事業所(3カ所)周辺を監視
  (2)環境放射線監視システム改修工事費
  ・環境放射線監視設備(モニタリングステーション3局)にバック
   アップ電源として非常用発電機の整備
  【財源】国庫補助10/10
  ・放射線監視等交付金
 3.国関係法人に対するもの(緊急時安全対策)
  (1)SPEEDI運営費
  ・原子力緊急事態時に原子力事業所から放出された放
   射性物質の大気中濃度や被ばく線量等を気象条件及
   び地形データ等を基に予測するシステム等の運営費
  【財源】国庫補助10/10
  ・原子力施設等緊急時安全対策交付金
 4.国関係法人に対するもの(放射線監視)
  (1)環境放射線監視支援業務委託
  ・府内原子力事業所周辺に設置している環境放射線観
   測局(モニタリングポスト・ステーション)で測定された環境放
   射線の連続監視及び環境試料(土壌、排水等)の分
   析の実施
  【財源】国庫補助10/10
  ・放射線監視等交付金
 【調整要求理由】
  消費税増税が延期されたため

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初予算額 243,531 241,294 0 2,237 0
要求額 252,976 250,691 0 2,285 0
内示額 252,976 250,691 0 2,285 0
調整要求額(課長後) ▲3,642 ▲3,642 0 0 0
査定額 ▲3,642 ▲3,642 0 0 0

特定財源の積算根拠

項目

当初要求

査定額

総務使用料 防災使用料 消防防災事業使用料 0 0
総務費国庫補助金 防災費補助金 防災費補助金 0 0
総務費国庫補助金 防災費補助金 消防防災事業補助金 ▲3,642 ▲3,642
雑入 総務費雑入 消防防災事業雑入 0 0

要求額の内訳

査定額の内訳

1 原子力緊急時安全対策事業 ▲1,070千円 要求どおり ▲1,070千円
  (1) 原子力緊急時安全対策事業 ▲1,070千円   ▲1,070千円
2 環境放射線監視等事業 ▲1,732千円 要求どおり ▲1,732千円
  (1) 環境放射線監視等事業 ▲968千円   ▲968千円
  (2) 環境放射線監視システム改修工事費 ▲764千円   ▲764千円
3 国関係法人に対するもの(緊急時安全対
  策)
▲267千円 要求どおり
。。
▲267千円
  (1) SPEEDI運営費 ▲267千円   ▲267千円
4 国関係法人に対するもの(放射線監視) ▲573千円 要求どおり ▲573千円
  (1) 環境放射線監視支援業務委託 ▲573千円   ▲573千円

明細 原子力緊急時安全対策事業 原子力緊急時安全対策事業(20031616-00010015)

明細 環境放射線監視等事業 環境放射線監視等事業(20031616-00020009)

明細 環境放射線監視等事業 環境放射線監視システム改修工事費(20031616-00020018)

明細 国関係法人に対するもの(緊急時安全対策) SPEEDI運営費(20031616-00030021)

明細 国関係法人に対するもの(放射線監視) 環境放射線監視支援業務委託(20031616-00040022)



ここまで本文です。