大阪府統計調査員を募集しています!

更新日:令和3年6月7日

あなたも「統計調査員」として働いてみませんか?

「統計調査員」とは

統計調査員は国が実施する様々な統計調査において、調査対象となる事業所や世帯を訪問して、調査の主旨や内容について説明を行うとともに、調査票の配布、回収、点検等を行います。
大阪府では、統計調査に理解をもって、積極的に調査活動に取り組んでいただける方を募集しています。

(※統計調査に従事いただくには、事前に登録説明会に参加の上、大阪府の登録調査員として登録していただく必要があります。)

身分と義務

統計調査員として任命されると、身分は非常勤の地方公務員となります。
営利企業の従事制限はありませんので、お仕事をしている方でも統計調査員になれます。
統計法における守秘義務が課され、業務に関して知り得た秘密を漏洩した場合、罰則があります。
 

災害補償制度

統計調査員が調査活動中に万一事故に遭い、ケガをした場合は地方公務員として災害補償が受けられます。

 登録要件

・年齢が20歳から64歳までの方
・大阪府内または隣接府県(兵庫県、京都府、奈良県、和歌山県)にお住まいの方

ただし、以下に該当する方は登録いただけません。
・税の賦課徴収事務に関係する方
・警察官及び警察関係職員の方
・選挙に直接関係する方
・暴力団員その他反社会的勢力に属する方

登録説明会

統計調査員を希望される方は、「登録説明会」にご参加ください。
統計調査の基礎知識や従事いただく調査の内容について説明を聴いてから、登録をしていただきます。

統計調査員に欠員が生じれば、その都度、登録いただいている方の中から、面接等による選考の上、統計調査員に任命されます。

 登録の流れ

   登録説明会に参加                    登録調査員の中から面接等で選考               統計調査員として活動

登録説明会の開催予定

※≪延期≫令和3年6月14日(月曜日)午後2時から    場所:大阪府咲洲庁舎(さきしまコスモタワー)19階
   令和3年7月7日(水曜日)午後2時 場所:大阪府庁咲洲庁舎(咲洲コスモタワー)44階に変更

※(令和3年6月14日(月曜日)の説明会は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、延期となり、開催日が令和3年7月7日(水曜日)に変更となります。 既にご予約いただいておりました方については、順次、お電話にてお知らせいたします。)

令和3年9月14日(火曜日)午後2時から    場所:大阪府咲洲庁舎(さきしまコスモタワー)19階

令和4年1月19日(水曜日)午後2時から    場所:大阪府咲洲庁舎(さきしまコスモタワー)19階

令和4年3月 1日(火曜日)午後2時から    場所:大阪府咲洲庁舎(さきしまコスモタワー)19階

説明会に参加を希望される方は 大阪府統計課総務・調整グループへ電話で( 06-6210-9194 または06-6210-9192)お申し込みください。   ただし今後の新型コロナウイルス感染症の拡大予防対策の状況を踏まえ、説明会を中止又は延期する場合がございますので、ご了承下さい。

調査のご案内

統計調査員として従事いただく調査についてご案内します。

労働力調査

調査の概要

  国民の就業・不就業の状態の月々の変化を明らかにし、雇用対策・経済政策等に必要な基礎資料を作成することを目的としています。
  府内全域から抽出された一般世帯の15歳以上の方を対象に、性別、生年月日、月末1週間の就業状態、勤務先、仕事内容等を調査します。
  調査結果は、新聞やテレビなどで取り上げられる就業者数、完全失業率のほか、雇用失業対策を考える上で重要な資料として活用されています。

調査員のお仕事

   準備調査 調査開始の前月に調査区地図・名簿の作成を行います。
    実地調査 名簿をもとに抽出された世帯に、月の中旬から調査票の配布・説明を行い、翌月はじめに調査票を回収して、書類整理のうえ統計課へ提出します。
   これを1年目に4ヶ月、翌年4ヶ月繰り返し(準備調査は各年の調査開始前のみ)2年目の2ヶ月目(最後の調査)は特定調査を実施します。
   1年目約5ヶ月間、翌年同時期にも5ヶ月間業務があります。(月当たり実働11日から12日程度)
   毎月月末1週間が調査期間であり、活動日・ローテーションがある程度決まっています。

報酬の目安
  (報酬+旅費等)
   準備調査(地図・名簿の作成)  1年目 19,880円   2年目 18,390円
   実地調査(調査票の配布・説明・回収) 月 29,170円
   特定調査実施時   月 37,800円

家計調査

調査の概要

  世帯の皆様に毎日の家計の収入や支出を家計簿につけていただき、その結果を取りまとめ国民生活の実態を家計の面から明らかにするため  の調査です。
   二人以上世帯と単身世帯に区分して調査します。
   調査結果は、生活保護基準や医療費、各種年金制度、税率や所得控除、賃金などを検討する際に利用されます。

調査員のお仕事

  毎月の調査業務のほか、年2回、名簿作成及び調査依頼があります。
  名簿作成 調査区内のすべての世帯(100世帯前後)を訪問し、世帯主氏名、住所、職業、世帯人数等を聞き取り、名簿を作成します。
  調査依頼 作成した名簿の中から無作為に抽出した世帯に対し家計簿の記入のお願いをします。
  毎月調査 毎月2回、上旬と中旬に、家計簿の回収及び内容審査を行ってから、提出日までに統計課に持参します。
  調査員は、2調査区を担当し、1調査区で2人以上世帯6世帯、単身世帯1世帯を調査します。

報酬の目安

  (報酬+旅費等)
  調査地域が大阪市、堺市の調査員    月額 約100,000円
  調査地域が上記以外の市の調査員   月額 約99,000円 
 
    寮・寄宿舎の調査員               月額 約50,000円

  業務は家計簿回収のみの月と家計簿回収プラス名簿作成、家計簿回収プラス調査依頼の月がありますが、毎月支給される金額は同額です。

小売物価統計調査

調査の概要

  国民の消費生活上、重要な支出の対象となる商品の小売価格、サービスの料金及び民営家賃を調査して、消費者物価指数その他物価に関す  る基礎資料を作成しています。
  価格調査はスーパーマーケットや小売店等、家賃調査は世帯の家賃を調査対象としています。

調査員のお仕事

  価格調査    旬別調査 毎月、上旬、中旬、下旬の3回店舗を訪問して価格調査を実施します。
             月別調査 毎月中旬に店舗を訪問して価格調査を実施します。
  家賃調査    3ヶ月毎に家賃の聞き取り調査を実施します。
  調査の特徴   調査は紙の調査票ではなく、調査員が調査員端末機(貸与)を用いて行います。
  調査の流れ   調査員端末で総務省統計局から調査票を受信
             調査店舗に出向き、価格を調査して結果(価格等)を端末機に入力
             端末機を操作して総務省統計局に送信

報酬の目安

  (報酬+旅費等)
   (1)大阪市担当                   (2)大阪市以外の市担当
       月別担当 約55,000円             月別担当 約42,000円から43,000円
       旬別担当 約86,000円             旬別担当 約65,000円から80,000円

毎月勤労統計調査

調査の概要

  我が国の労働者の賃金、労働時間、雇用の変動を明らかにするための調査で、ほぼすべての業種の事業所を対象に行われています。
   調査の結果は、毎月の閣議に報告される「月例経済報告」をはじめ、労働経済の分析や国民所得を推計する資料となります。
   また、雇用保険の基本手当日額や休業補償額を改定するための資料として活用されています。

調査員のお仕事

    名簿作成 指定された調査区内のすべての事業所を訪問し、労働者数、事業活動の内容などを尋ね、最新の事業所名簿を作成します。          
    毎月調査 1調査区あたり10件の回答事業所が指定されますので、指定された事業所を訪問して調査への回答を依頼します。
    以降毎月、労働者数、労働日数・時間、現金給与額について調査し、調査票を作成して統計課へ提出します。

報酬の目安

   (報酬+旅費等)
    名簿作成 1調査区 1回  約49,000円
    毎月調査 1調査区 月額 約30,000円
    *調査票を全て回収した場合 (枚数により変動あり) 
(内訳)・基本額1調査区13,000円程度  ・調査票1枚  1,400円程度                                            

Q&A

Q1 すぐに統計調査に従事できるの?

 登録いただいても、すぐに統計調査員として従事いただけるわけではありません。
 調査の種類や地域ごとに、欠員状況に応じて、登録者の中から面接等により選考のうえ、調査に従事いただきます。

Q2 統計調査の経験が無いけど大丈夫?

 大丈夫です。ご安心ください。
 調査に従事いただく前には、統計調査の目的、調査対象の範囲、調査の手順、担当調査区の確認などを丁寧に御説明します。
 また、新任調査員の方には、わかりやすい話し方や基本的なマナー、苦情を受けたときの対応方法など、調査活動のスキルアップに役立つ研修を 御用意しています。

Q3 仕事をする期間や場所はどこ?

 調査に従事いただく日数は、調査により異なりますが、月に3日から12日程度です。
 調査に従事いただく地域については、基本的には登録時に従事希望地域として登録いただいた地域の範囲内で担当していただきます。
 調査員としての任命期間は1年以内ですが、多くの方が翌年度以降も引き続いて任命されています。 

先輩調査員の声

  • 統計調査員になって5年になります。本当に良い人生勉強をさせていただいています。
    中には、親切な人も多く、雨の日など調査票をビニール袋に入れて提出してくれる人もいます。
    また、「ご苦労様」、「何度も足を運んでいただいて、熱心さに心を打たれました」などという手紙やメモがついていることもあります。
    そんなときは嬉しくて、その手紙を鉛筆ケースに入れてお守りのようにしています。
  • 雨の日などの調査は大変ですが、自分自身の健康のためと考え、ウォーキングのつもりで統計調査員の仕事をしています。
  • 統計調査員の仕事を引き受けてよかったと思うことは、地域の再発見、顔見知りの方が増えて世間が広がった、相手の立場になってものを
    考えるようになり、人に優しく接するようになった、などです。
    また、主人が私の仕事を見て、「会社に来ている統計調査に、きちっと回答しなければ」と言っています。
  • 統計調査員の仕事をしていて一番嬉しいと感じるのは、いろいろな人々との出会いです。
    調査をお願いして、こちらの説明を分かって下さり、気持ちよく調査に協力いただき、その上温かい言葉をかけてもらえたときは、とても幸福
    な気持ちになります。
    自分自身知らないことが多いので、色々な調査を通じて視野が広がったと思います。
    もっと深く勉強して、調査に役立つようにしたいと思っています。

皆さんもチャレンジしてみませんか? 

府内市町村でも募集しています

大阪市地域

大阪市(外部サイト)

三島地域

高槻市(外部サイト)

茨木市(外部サイト)

吹田市(外部サイト)

摂津市(外部サイト)

豊能地域

豊中市(外部サイト) 

箕面市(外部サイト)

北河内地域

枚方市(外部サイト)

寝屋川市(外部サイト)

門真市(外部サイト)

四條畷市(外部サイト)

中河内地域

八尾市(外部サイト)

柏原市(外部サイト)

南河内地域

富田林市(外部サイト)

河内長野市(外部サイト)

大阪狭山市(外部サイト)

河南町(外部サイト)

泉北地域

堺市(外部サイト)

忠岡町(外部サイト)

泉大津市(外部サイト)

和泉市(外部サイト)

泉南地域

貝塚市(外部サイト) 

岸和田市(外部サイト)

泉佐野市(外部サイト) 

泉南市(外部サイト)

※上記記載の市以外にも募集している場合がありますので、詳しくはお近くの市町村統計主管課まで

  お問い合わせください。

このページの作成所属
総務部 統計課 総務・調整グループ

ここまで本文です。