調査結果の概要 6 年間就業日数

更新日:2010年1月12日

平成19年就業構造基本調査

調査結果の概要

6 年間就業日数

 雇用者について年間就業日数別にみると、「200日未満」が76万2千人(雇用者に占める割合20.3%)、「200から249日」が127万8千人(同34.1%)、「250日以上」が166万3千人(同44.4%)となっている。
 平成14年と比べると、「200日未満」が1.2ポイント低下、「200から249日」が5.5ポイント低下となったのに対し、「250日以上」が6.2ポイント上昇している。

(表6、図4)


表6 年間就業日数別雇用者数及び割合

(千人、%、ポイント)
 実数割合
総数総数


19
総 数3,745.52,191.01,554.5100.0100.0100.0
 200日未満就業者762.1299.2462.920.313.729.8
 200から249日就業者1,278.0721.3556.834.132.935.8
 250日以上就業者1,662.51,145.8516.744.452.333.2


14
総 数3,670.42,184.61,485.8100.0100.0100.0
 200日未満就業者787.4331.8455.721.515.230.7
 200から249日就業者1,452.7844.7608.039.638.740.9
 250日以上就業者1,400.4991.9408.638.245.427.5

総 数75.16.468.7---
 200日未満就業者△ 25.3△ 32.67.2△ 1.2△ 1.5△ 0.9
 200から249日就業者△ 174.7△ 123.4△ 51.2△ 5.5△ 5.8△ 5.1
 250日以上就業者262.1153.9108.16.26.95.7


図4 年間就業日数別雇用者の割合

このページの作成所属
総務部 統計課 人口・労働グループ

ここまで本文です。


ホーム > 平成19年就業構造基本調査 > 調査結果の概要 6 年間就業日数