【施設(店舗)運営者・イベント主催者の皆様】大阪コロナ追跡システムについて

更新日:令和3年9月1日

施設(店舗)運営者・イベント主催者のみなさま 
本ページは、「施設(店舗)運営者・イベント主催者」の皆様のページです

大阪コロナ追跡システムの運用の一部変更に関するお知らせ

2020年12月1日から、大阪コロナ追跡システムの運用方法を以下のとおり変更しました。
1.保健所による感染者への聴き取り調査に基づき注意喚起メールを発出する仕組みを導入します。
2.食事提供施設における注意喚起メールの発出基準を見直します。


施設(店舗)利用者・イベント参加者のみなさまは、こちらのページへ
「大阪コロナ追跡システムについて」トップページはこちら

ご利用方法

  • 制度概要はこちらのページをご覧ください。
  • 感染防止認証ゴールドステッカー及び感染防止宣言ステッカーについては、下記のボタンの遷移先ページをご覧ください。
    感染防止認証ゴールドステッカー及び感染防止宣言ステッカーについてはこちら

施設(店舗)運営者・イベント主催者の皆様によるシステムの導入手順

「システム登録・事業者マイページ」へ

  1. 「システム登録・事業者マイページについて」をクリックして登録ウェブページにアクセスし、QRコード発行の手続きをしてください。
  2. 自動返信メールに添付されたQRコードを印刷してください。
  3. QRコードを施設等に掲示してください。

施設・イベント会場でのシステム導入の手続き

大阪コロナ追跡システムの手引き

施設(店舗)運営者・イベント主催者の皆様向けのシステム導入手順や事業者マイページの使い方などをまとめた『手引き』を掲載しています。

手引きイメージ図

手引き ver5.3 [PDFファイル/4.01MB] 手引き ver5.3 [その他のファイル/1.64MB]

ver5.3 主な変更点
府ウェブページURLを更新しました。

注意事項

  • 本システムを導入している施設(店舗)・イベントを利用した方の感染が判明したとき、その感染者が訪れた同日に当該施設(店舗)・イベントでQRコードを読み込みメールアドレスを登録した方に、大阪府から注意喚起メールを送信します。その際、注意喚起メール内では、施設名、日時、感染者に関する情報はお知らせしません。また、個別にお問合せいただいても、一切お答えいたしません。
  • ただし、クラスターの発生(おそれを含む)が判明した場合に、大阪府より施設(店舗)名・発生日等を公表した時は、注意喚起メール内にて施設名等とあなたが立ち寄られた日時をお知らせいたします。
  • いただいた情報については、大阪コロナ追跡システムの事業目的のみに使用し、それ以外の目的には使用いたしません。
  • 大阪府においては、本システムで収集した情報等の漏洩、滅失又は毀損の防止その他の利用者情報等の安全管理のために必要かつ適切な措置を講じます。
  • SNS等に写真をアップロードする場合はQRコードが写らないようにしていただくか、読み取れないよう写真を加工してからにしてください。
  • 本システムの利用に際して、大阪府の責めに帰すべき事由によらない場合、利用者が被った損害について、一切賠償の責任を負いません。

広報事項について

活用呼びかけのための音声アナウンス

施設(店舗)利用者・イベント参加者へ大阪コロナ追跡システムの利用を呼び掛ける音声アナウンスをダウンロードいただけます。
館内放送等でご活用ください

 【ダウンロードはこちらから】 OSAKA愛鑑(外部サイトを別ウインドウで開きます)

(音声)「大阪府からのお知らせです。不特定多数の方が利用する施設及び参加するイベントには、大阪コロナ追跡システムの導入をお願いしています。府民の皆様のご利用をお願いいたします。」
※音声協力:FC大阪 応援マネージャー 石塚理奈さん

大阪コロナ追跡システム 登録施設・イベント用ロゴマーク

新型コロナウイルス感染症の感染防止対策に取り組み、大阪コロナ追跡システムを導入された施設(店舗)運営者様やイベント主催者様にご利用いただくロゴマークです。
府民の皆さまに安心してご利用いただける登録施設(店舗)やイベントであることをお知らせするツールとしてご利用ください。
ダウンロードの前にこちらの利用規約をご確認ください。 利用規約 [PDFファイル/76KB] 利用規約 [Wordファイル/21KB]

【ロゴマークのダウンロードはこちらから】
施設向け [画像ファイル/59KB] 店舗向け [画像ファイル/59KB] イベント向け [画像ファイル/59KB]

【「感染防止宣言ステッカー」 登録店舗・施設用ロゴマークについてはこちら】
「感染防止宣言ステッカー」登録店舗・施設用ロゴマーク

大阪コロナ追跡システム QRコード掲示用の三角柱ポップ

施設等に来られた方にとってわかりやすく、また、気軽にQRコードの読込みができるよう、テーブルの卓上などに掲示できる三角柱型のポップを用意しました。多くの方にQRコードを読み込んでいただけるよう、ぜひ、ご活用ください。

作り方

  1. 以下のものを印刷してください。
    ・登録完了時に届くメールの添付ファイル(QRコード)
    ・三角柱型ポップ作成シート
    ※用紙サイズは両方とも同じ大きさにしてください。(A4サイズを想定)
  2. QRコード部分のみを切り取り、三角柱型ポップ作成シートの「QRコード貼付」と書かれた部分に貼る。
  3. 三角柱型ポップ作成シート【つくりかた】に記載のとおり、点線を番号順に山折りして、三角柱になるように、矢印部分を差し込む。

三角柱型ポップ作成イメージ

【ダウンロードはこちらから】
三角柱型ポップ作成シート [PDFファイル/722KB]

よくある問合せ(FAQ)

よくあるお問い合わせはこちら    

AIチャットボットはこちら
※大阪コロナ追跡システムに関する問い合わせに対応した、
AIチャットボットによる自動応答システムを導入しています。
(日本電気株式会社のAIチャットボット「NEC 自動応答」を使用しています)

このページの作成所属
スマートシティ戦略部 戦略推進室地域戦略推進課 地域DXグループ

ここまで本文です。


ホーム > 【施設(店舗)運営者・イベント主催者の皆様】大阪コロナ追跡システムについて