ホテル、レストラン等におけるメニュー等の適正表示の依頼について

更新日:2013年11月18日

ホテル、レストラン等におけるメニュー等の適正表示の依頼について

 近時、ホテルやレストラン等において、提供される料理等のメニュー表示や販売される食品の表示が、実際に提供される料理等と一致していない事例が多発していることに伴い、大阪府では、平成25年11月15日に下記19団体に対し、メニュー等の適正表示及び関係法令の遵守について会員事業者等に周知していただくよう依頼しました。
 
                   記

【依頼先団体】
  ( 1) 公益社団法人  大阪食品衛生協会
     ( 2) 大阪レストラント協会
     ( 3) 日本チェーンストア協会関西支部
     ( 4) 一般社団法人  大阪外食産業協会
     ( 5) 社団法人 日本ホテル協会大阪支部
     ( 6) 近畿百貨店協会
     ( 7) 大阪府喫茶飲食生活衛生同業組合
     ( 8) 大阪府飲食業生活衛生同業組合
     ( 9) 大阪府社交飲食業生活衛生同業組合
     (10) 大阪府鮓商生活衛生同業組合
     (11) 大阪府料理業生活衛生同業組合
     (12) 大阪府旅館ホテル生活衛生同業組合
     (13) 大阪府中華料理業生活衛生同業組合
     (14) 公益社団法人  全日本司厨士協会関西地方大阪府本部
     (15) 社団法人  大阪府調理師会
     (16) 日本中国料理協会大阪支部
     (17) 大阪府麺類食堂業生活衛生同業組合
     (18) 公益財団法人 大阪府生活衛生営業指導センター
     (19) 一般社団法人 全日本シティホテル連盟近畿支部

このページの作成所属
府民文化部 消費生活センター 事業グループ

ここまで本文です。


ホーム > くらし・住まい・まちづくり > くらし > 消費生活相談事例 > ホテル、レストラン等におけるメニュー等の適正表示の依頼について