新しい日常に向けて消費者の方にご協力いただきたいこと

更新日:令和3年1月20日

消費者の皆さまへ「消費者が意見を伝える際のポイント」

自立した消費者として、買い物の際「意見を伝える」ときには3つのポイントを心がけましょう。

  • ひと呼吸、置こう
  • 言いたいこと、要求したいことを明確に、そして理由を丁寧に伝えましょう
  • 事業者の説明も聞きましょう

消費者が意見を伝える際のポイント

関連リンク
消費者庁ホームページ「緊急時の消費行動について(令和3年1月13日)」(外部サイト)


「新しい生活様式」の実践例を踏まえた新しい日常に向けて消費者の方にご協力いただきたいこと

 新しい日常においては、消費者と事業者が協力して『「新しい生活様式」の実践例』を踏まえた取組を行うことが必要です。
日常生活の各場面において、「3つの密(密閉、密集、密接)」を避けることを基本としつつ、

  • 発熱又は風邪の症状がある場合等は、来店・利用しない
  • 人との間隔をできるだけ2メートル(最低1メートル)空ける
  • マスクを着用する
  • 特に大声での会話を控える
  • まめに手洗い・手指消毒をする
  • トイレ利用時に配慮する(蓋をして流す等)
  • 滞在時間をできるだけ短くする

ことなどが消費者に求められています。

また、各事業者による感染防止対策(従業員と消費者の間のアクリル板・透明ビニールカーテンの設置等)や、接客・サービスの内容に変化があることなどを理解し協力することが求められています。

府民の皆さまには引き続き、新型コロナウイルス感染症対策にご協力をお願いします。

消費者庁から「新型コロナウイルス感染症の拡大に対応する際に消費者として御注意いただきたいこと」が発表されています。
※詳しくは関連リンクの消費者庁ホームページをご覧ください。

関連リンク
消費者庁ホームページ「新型コロナウイルス感染症に対応する際に消費者として御注意いただきたいこと」(外部サイト)

「消費者庁 新型コロナウイルス関連消費者向け情報」公式LINEアカウントが開設されました

新型コロナウイルス感染症について、消費者の方に正確な情報がいち早く届くように、消費者庁の公式LINEアカウントが開設されました。
以下のURLまたはQRコードから「友だち登録」すると、最近の情報にアクセスできるほか、定期的に送られる注意喚起メッセージが受け取れますので、ご活用ください。

関連リンク
「消費者庁 新型コロナ関連消費者向け情報」公式LINEアカウント(外部サイト)


 

このページの作成所属
府民文化部 消費生活センター 事業グループ

ここまで本文です。


ホーム > くらし・住まい・まちづくり > くらし > 新しい日常に向けて消費者の方にご協力いただきたいこと