「ヒョウタン」による食中毒にご注意!

更新日:平成26年7月14日

食用ではない「ヒョウタン」は食べられません!

 平成25年7月、大阪府内の小学校で、ヒョウタンに含まれる植物性自然毒による食中毒が発生しました。
 食用ではないヒョウタンは、苦味成分であるククルビタシン類が多く含まれているので、食べることは避けてください。

ヒョウタンについて

毒性成分は

 「ククルビタシン類」という成分が、食用ではないヒョウタンには多く含まれています。

症状は

 摂食直後から数時間に嘔吐、腹痛、下痢、口のしびれなどが現れます。

ヒョウタンの写真

     ヒョウタン1    ヒョウタン2

参考リンク・資料

 ・ 自然毒のリスクプロファイル(ユウガオ) 概要版(外部サイト) 詳細版(外部サイト) (厚生労働省)
 

このページの作成所属
健康医療部 生活衛生室食の安全推進課 監視指導グループ

ここまで本文です。


ホーム > くらし・住まい・まちづくり > くらし > 食中毒等に関すること > 「ヒョウタン」による食中毒にご注意!