平成20年食中毒発生状況

更新日:平成22年3月15日

平成20年大阪府食中毒発生状況


 この発生状況は、平成20年1月1日から12月31日までの大阪府全域の食中毒発生状況の確定値です。

月別発生状況
病因物質別発生状況
原因食品別発生状況
原因施設別発生状況
昨年同時期の食中毒発生件数

1 月別発生状況 (死者数は再掲、以下同じ)

総数1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
件数965104910151399642
患者数20711571308371704183102316172815814
死者数1000000000100

月別食中毒発生状況のグラフ

2 病因物質別発生状況

件数患者数死者数
総数9620711
病因物質判明8819431
細菌サルモネラ属菌124710
ぶどう球菌65270
ボツリヌス菌000
腸炎ビブリオ000
腸管出血性大腸菌130
その他の病原大腸菌000
ウエルシュ菌31320
セレウス菌2121
エルシニア000
カンピロバクター384060
ナグビブリオ000
コレラ菌000
赤痢菌000
チフス菌000
パラチフスA菌000
その他の細菌000
複合汚染280
ウイルスノロウイルス173700
その他のウイルス000
化学物質120
自然毒植物性自然毒370
動物性自然毒240
その他(検査中を含む)110
病因物質不明81280

病因物質別件数のグラフ病因物質別患者数のグラフ

3 原因食品別発生状況

件数患者数死者数
総数9620711
原因食品食事判明7719791
魚介類貝類270
ふぐ110
その他110
魚介類加工品魚肉練り製品000
その他000
肉類及びその加工品8470
卵類及びその加工品000
乳類及びその加工品000
穀類及びその加工品3590
野菜及びその加工品豆類000
きのこ類260
その他000
菓子類000
複合調理食品85050
その他食品特定230
食事特定5013501
原因食品食事不明19920

原因食品別件数のグラフ原因食品別患者数のグラフ

4 原因施設別発生状況

件数患者数死者数
総数9620711
原因施設判明7919921
家庭391
事業所給食施設−事業所等000
給食施設−保育所000
給食施設−老人ホーム000
寄宿舎1570
その他000
学校給食施設−単独調理校−幼稚園000
給食施設−単独調理校−小学校000
給食施設−単独調理校−中学校000
給食施設−単独調理校−その他1560
給食施設−共同調理場000
給食施設−その他11360
寄宿舎000
その他000
病院給食施設000
寄宿舎000
その他000
旅館3500
飲食店537170
販売店000
製造所000
仕出屋138500
採取場所120
その他31150
原因施設不明17790

原因施設別件数のグラフ原因施設別患者数のグラフ

5 昨年同時期の食中毒発生状況は110件1911人です

食の安全推進課ホームページに戻る

このページの作成所属
健康医療部 生活衛生室食の安全推進課 監視指導グループ

ここまで本文です。