「こどもまつり」で笑顔いっぱいの一日

更新日:2022年9月16日

LINE

2022.09.16 ナインモール九条(九条駅前商店街振興組合、九条中央商店街振興組合、九条東商店街振興組合) 
                  大阪市西区

LINE

 大阪メトロと阪神電車が交差する九条駅前にあるナインモール九条で8月28日(日曜日)、毎年夏の風物詩「こどもまつり2022」が開催されました。
 『みんなが主役!がんばろう九条!』というキャッチフレーズのもと、当日は九条駅前の駐輪場を無料開放し、多くの来訪者でにぎわいました。また、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、密にならないよう各ブースの間隔を開け、消毒液を設置するなどしっかり対策を行いました。

 9月1日の防災の日を控えていたこともあり、西区役所・西警察署・西消防署など地域の公的機関のブースもたくさん用意されました。西区役所ブースでは、いざという時の備えの大事さを発信するため、かんぱんや水を配布して防災啓発を行われました。西警察署ブースでは、自転車教室やゲームで安全運転の講習を行われました。西消防署からは、消防車などが登場し、間近で見られる消防車に子どもたちは大興奮でした。

 また、遊戯イベントは、スマートボール、金魚すくい、輪投げなど14種類も用意され、普段できない遊びの場が多く提供されました。ナインモール九条のキャラクター・にゃいんちゃんと遊べる癒やしのコーナーも用意されました。多彩なイベントの中でも特にバルーンアート教室が大人気で、子どもから大人まで夢中になって楽しんでおられました。特設ステージでは、ダンスやミュージカル、バルーンショーなど10組の出演者が華やかに盛り上げました。
 ちらしの右下に印刷し、周辺地域へ事前に配布していた「無料遊戯券」(別添画像1枚目を参照)2,000枚のほか、当日券も50円で販売。当日は多くの家族連れでにぎわい、イベント終了後に集まった遊戯券は計7,000枚ほどになりました。

 「新型コロナウイルスの感染拡大が続いているこの時期なので、なおさら地域の方や商店街に元気を届けたい。子どもたちにこういったイベントを通し、触れ合ってもらい、将来につなげていきたいです」と、ナインモール九条 振興部部長の小野坂さんは思いを語られており、今後も地域と商店街をつなぐイベントに意欲的です。


ナインモール九条のHPこちら(外部サイトを別ウインドウで開きます)


こどもまつり2022のちらし
こどもまつり2022のちらし

親子でショルダーボールすくい
西警察署など地域に根ざしたブースも

西警察署など地域に根ざしたブースも
親子でショルダーボールすくい

にゃいんちゃんが盛り上げるステージ、席は間隔を開けて配置
にゃいんちゃんが盛り上げるステージ、席は間隔を開けて配置

 

フッター

このページの作成所属
商工労働部 中小企業支援室商業・サービス産業課 商業振興グループ

ここまで本文です。


ホーム > みんなで守ろう。おおさか > 「こどもまつり」で笑顔いっぱいの一日