天神さんと共存する商店街〈モデル創出事業〉

更新日:2022年8月12日

LINE

2022.07.29 道明寺天神通り商店街 藤井寺市
LINE

 令和3年度、大阪府の「商店街等モデル創出事業」に選出された藤井寺市の道明寺天神通り商店街。
 同商店街は、市民を対象に商店街などで利用できる共通商品券を発行したり、セールはもちろん、エリアマップ「道明寺ぶらーり散歩」の作成、YouTube動画で商店街の店舗を紹介するなど、多彩な活動を展開されてきました。
 現在、同事業で作成したエリアマップを片手に史跡・古墳巡りをする観光客が、商店街を訪れる光景を多く見かけるようになりました。

 同商店街の西には、1,400年以上の歴史をもつ道明寺天満宮が鎮座しており、社殿の裏側にある梅園には80種800本の梅が植樹されています。毎年初春に行われる同宮の梅まつりには、一日1,000人以上が訪れるといわれ、令和4年は、日から13日に開催されました。
 また、古墳群が世界文化遺産に登録されたことを受け、そのPRと地域一帯を盛り上げることを目的に、藤井寺市がサポートし同商店街が企画して結成された「古市古墳群おもてなし隊」が、日に能楽殿で「クイズ・古墳群じゃんけん」と古墳寸劇を行いました。
 その「クイズ・古墳じゃんけん」では、勝ち残った参加者に商店街の店舗で使えるお食事券や、オリジナル古墳クッションなど、商店街店舗の商品がプレゼントされるということもあり、梅まつりに訪れていた拝観者ら200人以上が参加し、大いに賑わいました。

 同日夜には梅園を初めて試験的にライトアップ。同商店街が今後を見据えて、夜間の賑わいも創出していこうと企画しました。そんな折り、ロシアのウクライナ侵攻を受け、支援金を募っていた市を応援しようと、ライティングカラーはウクライナ国旗をイメージした青と黄色に。ドローンで撮影された美しい夜の梅園を堪能出来る動画には、平和を訴えるメッセージが添えられました。
 「『天神さん』の名前を冠し、そのお膝元で続いてきた商店街として、これからも道明寺天満宮と二人三脚で来街者を増やし、地域に賑わいをつくっていきたい」と、同商店街会長の篠田さん。時代の変化に合わせ姿を変えつつも、どこかほっと落ち着く部分を残す道明寺天神通り商店街。世界遺産の古墳群、日本を代表する天神さんの魅力を伝えながら進化を続けています。

道明寺天満宮梅園ライトアップ〜平和への願い〜
YouTubeはこちら
https://www.youtube.com/watch?v=wat0zl-4xTk

道明寺天神通り商店街のHP
https://www.domyoji-tenjindori.com/

イベントの告知
イベントの告知

古市古墳群おもてなし隊による古墳じゃんけん
古市古墳群おもてなし隊による古墳じゃんけん

道明寺天満宮宮司(右)、藤井寺市長(右から4人目)、羽曳野市長(同5人目)と古市古墳群おもてなし隊
道明寺天満宮宮司(右)、藤井寺市長(右から4人目)、羽曳野市長(同5人目)と古市古墳群おもてなし隊               

フッター

このページの作成所属
商工労働部 中小企業支援室商業・サービス産業課 商業振興グループ

ここまで本文です。


ホーム > みんなで守ろう。おおさか > 天神さんと共存する商店街〈モデル創出事業〉