子どもたちに身につけさせたい生活・学習習慣

更新日:平成21年8月5日

1つめは、「眠る」「食べる」「運動する」といった “いのちをはぐくむ” 基本的なこと。
2つめは、「自信をもつ」「チャレンジする」「努力する」など “自立心・自律性をはぐくむ” こと。
3つめは、「会話する」「助け合う・協力する」「決まりを守る」など “社会性をはぐくむ” こと。
4つめは、「計画的に学ぶ」「社会に学ぶ」など “学ぶ力をはぐくむ” こと

1 いのちをはぐくむ

眠る


就寝時刻が遅くなったり、不規則になったりして、睡眠不足にならないように注意しましょう。

食べる

規則正しい食生活が身につくようにしましょう。特に朝食を抜いたり、偏食にならないように注意しましょう。

運動する

体力を養うため、体を動かす習慣をつけさせましょう。

2 自立心・自律性をはぐくむ

自信をもつ


子どものよいおこないを認め、子どもの自信
をはぐくみましょう。

チャレンジする


子どもの興味・関心や何かをやろうとする意
欲を大切にしましょう。

努力する


結果を評価するだけではなく、子どもの努力
する過程や姿勢を認めましょう。

3 社会性をはぐくむ

会話する

安心感や信頼感をはぐくむため、子どもと会
話をする時間を大切にしましょう。


助け合う・協力する


家庭の中で子どもに仕事や役割をつくりま
しょう。また、地域の活動や行事に参加する
機会をつくりましょう。


決まりを守る


門限時刻、こづかいの使い方、携帯電話の
利用など、生活の決まりを子どもといっしょ
につくり、守らせるようにしましょう。

4 学ぶ力をはぐくむ

計画的に学ぶ


自分の立てた目標に向かって、計画を立
てて実行する習慣をつけさせましょう。

社会に学ぶ

社会の出来事やしくみについていっしょ
に考える機会をつくりましょう。

このページの作成所属
教育庁 市町村教育室小中学校課 教務グループ

ここまで本文です。