【検討終了】経常費補助金の配分方法等の見直し


概要

○とき:平成22年10月21日(木曜日)
○概要:
・「パーヘッド」による配分方法の導入にあたり、生徒の修学環境が悪化しないよう、一定の期間は激変緩和を講じていくべきとの指摘に対し、経過措置として削減額の上限を設ける等、激変緩和について検討したい旨答弁した。
・経常費配分における加算措置について学校の取組みを多面的に評価する方法が必要との指摘に対し、23年度に向けて、頑張る学校が正しく評価されるような仕組みを検討する旨答弁した。
・私立学校の経営状況の公開についてより一層求めていくべきとの指摘に対し、今後、経常費助成の配分方法を見直す中で、財務情報の透明性を高めるための方策についても検討する旨を答弁した。
・経常費助成の配分基準の見直しのねらいについて質問があり、知事から、学校の努力に応じて配分するルールに変更する趣旨から「パーヘッドの原則」による配分を行う旨を答弁した。

府民チェックボードの用語説明

このページの作成所属
教育庁 私学課 小中高振興グループ

ここまで本文です。