戦没者遺族援護に関すること

更新日:2020年4月1日

☆戦没者遺族援護関係業務

●戦没した軍人・軍属・準軍属の遺族に対し、遺族年金・弔慰金・遺族給与金等の請求受付、進達処理を行います。  
   
  
1.遺族年金・遺族給与金(根拠法令:戦傷病者戦没者遺族等援護法)  
  
  公務及び勤務に関連した傷病等により死亡した軍人・軍属・準軍属の遺族に支給します。 
   
  
2.弔慰金(根拠法令:戦傷病者戦没者遺族等援護法)  
  
  昭和16年12月8日以降、公務上又は勤務に関連した傷病により死亡した軍人・軍属の遺族に支給します。  
   
  
3.平病死遺族年金(遺族給与金)(根拠法令:戦傷病者戦没者遺族等援護法)  
  
   障害年金を受給していた方が、他の疾病により死亡(平病死)した場合、遺族に支給します。  
   
  
4.公務扶助料(根拠法令:恩給法)  
  
  公務死亡した軍人等の遺族に対し、公務扶助料を支給します。  
  また、これらの扶助料受給者で、加算年数を算入することにより年金額が増額する方については請求により改定された年金を支給します。    
   
5.戦没者等の遺族に対する特別弔慰金(根拠法令:戦没者等の遺族に対する特別弔慰金支給法)  

  戦没者等の遺族に対する特別弔慰金支給法に基づき、特別弔慰金を支給します。

  第十一回特別弔慰金 [PDFファイル/793KB]]  

  ※令和2年4月1日から請求受付が開始

  ※ご請求いただける方や必要書類などには諸条件がありますのでご注意ください。

  ※お問合せは、お住まいの市区町村援護担当課もしくは当恩給援護グループまで。


6.戦没者等の妻に対する特別給付金(根拠法令:戦没者等の妻に対する特別給付金支給法)  
  
  一定の基準日において、恩給法による公務扶助料や特例扶助料、援護法による遺族年金等の受給権を有する戦没者の妻に対し、支給します。  
  
   
    

このページの作成所属
福祉部 地域福祉推進室社会援護課 恩給援護グループ

ここまで本文です。