恩給関係業務に関すること

更新日:2011年8月1日

恩給関係業務

 ○旧軍人、軍属に関する普通恩給、一時恩給及び加算改定等の受付、進達処理を行います。


 ・普通恩給・普通扶助料(根拠法令:恩給法)

  実在職年数と加算年数の合計が12年以上になる旧軍人及びその家族に支給します。


 ・一時恩給・一時扶助料(根拠法令:恩給法)

  継続した実在職年数が3年以上あり、普通恩給等に該当しない旧軍人及びその遺族に支給します。


 ・一時金・遺族の一時金(根拠法令:恩給法)

  継続しない実在職年数が合計3年以上あり、普通恩給等に該当しない旧軍人及びその遺族に支給します。


 ・加算改定(根拠法令:恩給法)

  普通恩給・普通扶助料の受給者で、満60歳以上の者に対して、加算年数を含めた在職年数に応じて支給します。


 ・軍歴証明(根拠法令:恩給法)

  地方公務員共済組合法等の規定により、旧軍人、軍属としての在職年数、加算年数が通算されるため、これら旧軍人、軍属に係る履歴の証明を行ないます。


 ・申請書類様式(根拠法令:恩給法)

このページの作成所属
福祉部 地域福祉推進室社会援護課 恩給援護グループ

ここまで本文です。