主要道路沿いにおける倒木対策

更新日:平成29年10月16日

■自然災害から暮らしを守る  2.主要道路沿いにおける倒木対策

 平成21年に、府内で初めて確認されたナラ枯れによる被害が、急速に拡大しています。これは、ナラ・カシ類などの高齢化に伴い、病虫害による被害を受けやすくなっていることが原因です。また、管理不足により放置された竹林が拡大し、竹の侵入を受けた周囲の森林でも、樹木が枯れています。高齢木の予防伐採や、被害を受け倒木の恐れのある枯れ木の処理、森林に侵入した竹を伐採することで、枯れ木等による主要道路への倒木被害、山腹崩壊を未然に防止する対策を実施します。

倒木対策イメージ

泉州農と緑の総合事務所での施工箇所

1.和 泉 市  春木川町地区(平成28年度から)

2.熊 取 町  久 保 地 区  (平成28年度から)
3.岬   町  孝 子 地 区  (平成28年度から)

1.和泉市春木川町地区

                                  施工前                                 施工後

施工前施工後

2.熊取町久保地区

                                  施工前                                 施工後

施工前施工後

3.岬町孝子地区

                                  施工前                                 施工後

施工前施工後

施行状況

画像です。施行中画像です。施行中

このページの作成所属
環境農林水産部 泉州農と緑の総合事務所 森林課

ここまで本文です。