「大阪府立花の文化園」指定管理者の指定について

更新日:2022年5月17日

 令和3年度からの指定管理者について

地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項の規定により、大阪府環境農林水産部農政室が所管する「大阪府立花の文化園」の令和3年度からの指定管理者を次のとおり指定しました。

概要

○施設名
  大阪府立花の文化園
○施設担当課
  環境農林水産部農政室推進課 地産地消推進グループ
○指定管理者
  大阪府大阪市中央区城見1丁目2番27号 クリスタルタワー25階
  住友林業緑化・E-DESIGN共同企業体
○指定期間
  令和3年4月1日から令和5年3月31日まで

令和3年度からの指定管理候補者の選定について

大阪府立花の文化園においては平成18年度から指定管理者制度を導入しています。
このたび、令和3年度から令和4年度までの指定管理者を公募によらない方法で選定することとし、「大阪府立花の文化園指定管理者選定委員会」において審議を行い、以下のとおり指定管理候補者を選定しました。
今後、大阪府議会の議決を得て、指定管理者として指定する予定です。

指定管理候補者

住友林業緑化・E-DESIGN共同事業体
(構成団体)
 ・住友林業緑化株式会社
 ・株式会社E-DESIGN

審査結果の概要

(選定理由)
 候補者は、施設の適切な管理、施設の効用を最大限発揮するための方策、適正な管理業務の遂行、経費の縮減についての方策、府政策との整合について適正と認められる。

(判定)
 適

大阪府立花の文化園指定管理者選定委員会の開催概要

(選定委員会の委員氏名) ※五十音順、敬称略

 上野山 達哉 (大阪府立大学大学院経済学研究科 教授)
 白倉 典武 (弁護士)
 中丁 卓也 (公認会計士・税理士)
 林 孝洋 (近畿大学農学部農業生産科学科 教授)
 森 源治郎 (元大阪府立大学教授・農学博士)

(審査の経緯)

 ・第1回選定委員会 令和2年8月28日(金曜日)  指定要件書及び審査基準案の審議

 ・第2回選定委員会 令和2年10月5日(月曜日)  審査基準に基づく指定管理者指定申請書の審議及び判定

平成28年度からの指定管理者について

地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項の規定により、大阪府環境農林水産部農政室が所管する「大阪府立花の文化園」の平成28年度からの指定管理者を次のとおり指定しました。

概要

○施設名
  大阪府立花の文化園
○施設担当課
  環境農林水産部農政室推進課 地産地消推進グループ
○指定管理者
  大阪府大阪市中央区北久宝寺町3丁目1番6号 船場ミッドキューブ5階
  住友林業緑化・E-DESIGN共同企業体
○指定期間
  平成28年4月1日から平成33年3月31日まで

このページの作成所属
環境農林水産部 農政室推進課 地産地消推進グループ

ここまで本文です。


ホーム > 農林・水産業 > 農林業 > 農に親しむ施設紹介 > 「大阪府立花の文化園」指定管理者の指定について