今池水みらいセンターにおける省エネルギー活動が「省エネ大賞・経済産業大臣賞」を受賞しました!

更新日:平成25年9月25日

 今池水みらいセンターにおいて、平成16年から平成20年に取り組んだ省エネルギー活動等が評価され、平成21年度「省エネ大賞〔組織部門・業務分野〕」経済産業大臣賞を受賞しました。

この賞は、省エネルギー産業の発展と省エネルギー型社会の構築に寄与することを目的として、平成2年度より実施されているもので、従来は省エネルギー性に優れた民生用機器・システムのみを表彰してきましたが、平成21年度より、省エネルギーに貢献した人材と組織も表彰対象としています。また、賞は「人材部門」、「組織部門」、「機器・システム部門」の3部門あり、このうち「組織部門」は「事例(企業等内)業務分野」などの4分野で構成されています。

   受賞理由は、「下水処理場における汚泥処理時間を管理指標値の50%から60%程度に大幅に短縮するなど、大規模な設備改修を行わず、挑戦的な運用改善の取り組みを継続的に積み重ねることで、2004年から2008年までにエネルギー使用量を約42%削減。全国の2000以上の下水処理場への波及効果が期待される」として、評価されたものです。

 今後も、建設と維持管理のコラボレーションによる省エネルギー活動を展開し、府庁における業務改善の一助となるべく、更なる省エネルギー活動を推進する予定であります。

賞状の写真受賞トロフィーの写真

このページの作成所属
都市整備部 南部流域下水道事務所 

ここまで本文です。


ホーム > 都市計画・都市整備 > 下水道 > 各施設の紹介 > 今池水みらいセンターにおける省エネルギー活動が「省エネ大賞・経済産業大臣賞」を受賞しました!