デザイン相談事例 【ダイシン工業株式会社】

更新日:令和2年2月5日

 
相談テーマ

  オールステンレス製食器棚のプロダクトデザイン開発

susrinaサスリナ

   オールステンレス製食器棚susrina(サスリナ)
   

オールステンレス製食器棚susrina

 オールステンレス製食器棚susrina(サスリナ)
 
   

オールステンレス製食器棚 引き出し

引き出し部分


ダイシン工業株式会社


    
   
支援内容

 
同社は、ファイリングキャビネット、オフィス収納家具などの製造メーカーで、大手オフィス家具メーカーを協力会社として、B to Bビジネスを主力としていますが、事業フィールドの拡大に向けて、B to Cビジネスへ参入するための商品企画とブランデイングを模索しておられました。
 ネットで検索し、大阪府産業デザインセンターのデザイン総合相談事業を知り、相談に来られました。
 技術開発部門の新規アイテムとして、ステンレス加工技術を生かした家庭用の食器棚の企画・開発を目指しておられたので、具体的な開発スケジュールの設定や、収納する家電機器の配電処理や水蒸気への配慮などをアドバイスして、金属加工に長けたプロダクトデザインオフィスを紹介しました。
    

ダイシン工業株式会社 × 株式会社ソリデック
 
 
同社とデザインオフィスによって、競合他社の製品をベンチマークして、差異化のための方向性を検討した上で、デザインコンセプトを立案されました。住まいやインテリア・生活にこだわりを持ち、普及帯の商品では満足しない人をターゲットに、プレミアムモダンデザインを目指して、高品質感のあるインテリア性と、高いユーザビリティを兼ね備えた商品デザインを具現化されました。
 試作を重ね、同社のコア技術とデザインが融合したスタイリッシュなオールステンレス製食器棚SUSRINA(サスリナ)が生まれました。

 また、展示会への出展に際しては、商品カテゴリーの名称とそのロゴのデザイン、さらにパンフレットの制作も行い、新しい商品ブランドの訴求とイメージの向上を図ることにしました。
 東京ビッグサイトで開催するインテリア・リビングフェアで発表して来場者やバイヤーからの反応取りを実施し、改良点を吟味し、次回の展示会出展までにリニューアルモデルを開発するという流れを取りました。
 
  自社オリジナルブランド商材にプロダクトデザイナーに関わってもらう利点や、商品開発の進め方を知ることができたうえに、これまでにないオールステンレス製食器棚によって、その実力が広く知られるきっかけにもなり、注目も集めることが出来たそうです。 
    
   


    
事業内容

オフィス用 工場用 医療用 鋼製家具の製造・販売
及び、太陽光発電による電力の供給

(主な製品名)
壁面収納家具
ファイリング・キャビネット
図面収納ケ−ス(マップケ−ス)
工具類収納キャビネット・作業台
医療用家具
     
    

ダイシン工業株式会社

https://www.daishinkogyo.co.jp/

株式会社ソリデック

https://www.solidec.co.jp/

   
事例一覧ページに戻る

 

このページの作成所属
商工労働部 中小企業支援室商業・サービス産業課 新事業創造グループ

ここまで本文です。