デザイン相談事例 【みどり製菓株式会社】

更新日:令和2年2月5日

相談テーマ

大阪産いちじくを用いたタルト菓子のブランディング

パッケージ

パッケージ
   
     

展示会等で使用するタペストリー

展示会等で使用するタペストリー
   


みどり製菓株式会社


    
   
支援内容

 同社は、自社ブランド和菓子、自社ブランド洋菓子、OEM商品を事業の柱としています。自社ブランド商品は、これまでアイテムごとにデザインを考えていたので、ビジュアルのトータルバランスを欠いてきたので、少しずつ軌道修正し、整理をしていきたいとの思いをお持ちでした。
 今回ご相談されたきっかけは、大阪府立大学との共同研究で開発した大阪産のイチジクをトッピングしたタルトのパッケージや、販促ツールを作りたいということでした。
 どのような売り場で販売するのかターゲットの考え方や、パッケージのコストなどの課題に対してアドバイスした上で、デザイナーを紹介しました。
   
 みどり製菓株式会社 × 株式会社こふれ

 デザイン開発では、商品のネーミング開発からスタートし、商品ブランドの整理を行い、販路を踏まえた上で、手土産にふさわしいパッケージデザインの展開を図りました。
 また、展示会に出展する際の販促グッズとしてタペストリーなども制作し、ブランドイメージを高めることにしました。
 

 大阪土産の市場を見据えたパッケージにしたことで、主要交通機関のお土産店等で販売されており、売上アップに繋がっているそうです。     

    
   
   


事業内容

生菓子の製造卸業、OEM生産
    

みどり製菓株式会社

http://www.midoriseika.com/

株式会社こふれ

http://coffret-design.co.jp/

   
事例一覧ページに戻る

 

このページの作成所属
商工労働部 中小企業支援室商業・サービス産業課 新事業創造グループ

ここまで本文です。